無料ブログはココログ

« レジデントノート「インフルエンザ診療のスタンダード!」 | トップページ | Internal Medicineのすすめ »

2015年9月 2日 (水)

SHIKATEN夏合宿2015!

こんばんは.市立奈良病院 循環器内科のケシです.

管理人の全面的なご協力のもと,元(現?)ゲストライターのコバヤシ先生を中心にSHIKATEN夏合宿2015を開催したので、初投稿させていただきます!
Shikaten2015001_4
今年は8月29日,30日に市立奈良病院,東大寺と長谷寺の井谷屋で開催しました.
 
 
1_3
まずは市立奈良病院で総合診療科のレクチャー.
1人の患者さんを色々な立場から診ていきます.
西村先生の司会のもと,市立奈良病院ならではの多様なレクチャーが繰り広げられました.
 
 
「市立奈良にSHIKAないカンファレンス」
 市立奈良病院 総合診療科  川口竜助先生,西村正大先生
        感染制御内科 佐藤公俊先生
 
■川口先生の緊急気管挿管
予定手術の時とは違う慌ただしくリスクのある状況で,エビデンスと経験を駆使してできるだけ安全な気道確保を目指します.
■佐藤先生の感染症
大切な感染症診療の基本を見直し,目の前の患者さんに当てはめて考える方法を確認しました.
フロアの感染症専門医たちも悩みながら,自分の考えを語ります.
■西村先生の高齢者診療
何かと判断に迷う高齢者診療.医師の意思決定に知らない間に影響を及ぼしていること,知らない間に見逃していることを認識することからはじめます.
 
 
001 奈良と言ったらシカ!? 奈良と言ったらお寺!
続いて東大寺観光です.
お恥ずかしながら,奈良に2◯年住んでいたのに知らなかったこと,知ろうとしなかったことが多く,奈良の深さを感じました.
 
 
 
 
東大寺観光のあとは,長谷寺の旅谷,井谷屋に移動します.
ご飯を食べて温泉につかって,ほっと一息ついたらここからが本番!
今回目玉企画のダブル情熱大陸です.
4 
 司会:奈良県立医科大学感染症センター 笠原敬先生
 ① 揺れて何処まで行くのやら
  2013年3月11日出演 
  高雄病院地域医療室 川島実先生
 ② 回帰熱大陸
  2015年4月 5日出演 
  国立国際医療研究センター国際感染症センター 忽那賢志先生
 
■まずは川島先生の,身の上話.面白い映画を観ているような気分で,ぐいぐい惹き込まれます.
枠にとらわれない,エネルギーにあふれた川島先生の生き様に憧れます.
■次は忽那先生の回帰熱大陸.インスピレーションに従ってチャンスを逃さない,どこまでも上を目指す忽那先生.
その裏で,先生の人柄と細やかな配慮による周りからの絶大な信頼があり,ビッグになる人は違うなと,できるところからでも見習いたいな,と感じました.
 
翌日8月30日6
朝ごはんのあとは市立奈良病院に戻り,ワークショップです.
「診断推論WS〜プロセスを考えよう!」
  天理よろづ相談所病院 総合内科 長野広之先生
  亀田総合病院 総合内科 佐田竜一先生

  • 診断をつけるカンファレンスが溢れている中で,いまいちどう考えていいかわからない.
  • 診断できるようになりたくて参加してるけど,正直他の人が何でそんなに思いつくのかわからなくてつらい. 

そんな人のために,少人数でのワークショップ形式で診断を考えながら,同期や上級医と考え方をシェアし合う企画でした.
いろんな症状がある中,どこを取っ掛かりに鑑別を広げていくか,お互い意見を言い合いながらまとめました.
 
11947470_725156364278308_8768822812
2日間,ありがとうございました!
 
いまさらですが,SHIKATENって何??という方は,とりあえずコチラのfacebookページにいいね! してみてください.
簡単にいうと,奈良の多施設の研修医とか学生とか医師とかが定期的に集まって,楽しいことをしながら仲良くなって,スキルを伸ばしたり将来を語り合ったりしている集まりです.もちろん他府県の方や医療従事者でない方も大歓迎です.
少しでも気になったあなた,是非facebookページをチェックして下さい!

« レジデントノート「インフルエンザ診療のスタンダード!」 | トップページ | Internal Medicineのすすめ »

ただの日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/62194265

この記事へのトラックバック一覧です: SHIKATEN夏合宿2015!:

« レジデントノート「インフルエンザ診療のスタンダード!」 | トップページ | Internal Medicineのすすめ »

最近のトラックバック