無料ブログはココログ

« 2014年10月19日 - 2014年10月25日 | トップページ | 2014年12月7日 - 2014年12月13日 »

2014年11月15日 (土)

輸入レプトスピラ症の5例のまとめと、パラオ帰国後のレプトスピラ症

DCCの忽那です。

いつもの「論文掲載報告」です。
ダニ関係の投稿ではなく申し訳ありません。
 
DCCで診療した輸入レプトスピラ症の5例をまとめたケースシリーズがJournal of Infection and Chemotherapyに掲載されました。
 
Travel-related leptospirosis in Japan: A report on a series of five imported cases diagnosed at the National Center for Global Health and Medicine
http://www.jiac-j.com/article/S1341-321X(14)00357-2/abstract
 
Travelrelated_leptospirosis_in_japa
 
レプトスピラ症は輸入感染症のビッグ5とよく言われますが、輸入感染症としての日本における知見がまとめられている文献があまりなかったことから今回まとめてみました。
日本では東南アジアからの輸入例が多いこと、全例に淡水曝露歴があったこと、など重要な知見かと思います。
 
そして、なんとこのあと2例のパラオ帰国後のレプトスピラ症が・・・。
もう少し投稿するのを待てば良かった・・・。
 
LEPTOSPIROSIS - JAPAN (02): ex PALAU, SWIMMING
http://www.promedmail.org/direct.php?id=2949702
 
当院の総合感染症コースの的野先生が投稿してくれました。
この2例は台風18号(アジア名:ファンフォン)通過後に水かさが増した滝に浸かっていたということで、やはり曝露歴が明確でした。
 
私個人としてはまだまだ輸入レプトスピラ症を見逃しているのではないかと思っています。
またこのような報告をするべく日常診療に取り組みたいと思います。

« 2014年10月19日 - 2014年10月25日 | トップページ | 2014年12月7日 - 2014年12月13日 »

最近のトラックバック