無料ブログはココログ

« NCGM感染症ベーシックレビューコース2014のご案内 | トップページ | miyamotoi感染症の報告(IDWR) »

2014年5月11日 (日)

iPhoneで顕微鏡のグラム染色写真を撮るためのアタッチメント

DCCの忽那です。

 
月日が経つのは早いもので、「単焦点レンズでグラム染色の写真を撮ろう!」というエントリーを書いて3年が経ちました。
確かに単焦点レンズの一眼レフは顕微鏡の写真を撮りやすい。
それは揺るぎない事実であります。
しかし、一眼レフを持ち歩くのはダルいと思うようになってきた自分であります。
寄る年波には勝てない・・・。
 
そういうわけで、最近のiPhoneは性能が格段に良くなったこともあり、細菌検査室ではiPhoneでパシャリと所見を納めることが実際には多いのであります。
 
10
●iPhoneを接眼レンズに当てて、グラム染色写真を撮る人々
 
iPhoneでもほとんどキレイに撮れるんですが、素早く適切な写真を撮るにはそれなりに熟練が必要であります。
私も寝不足のときには手がブレて、なかなか良い写真が撮れないことがあります。
そんな我々に心強い味方が登場しました。
 
P1200913
 
iPhoneを接眼レンズに固定できるアタッチメントであります。
このアタッチメントの需要が世間的にどれくらいあるのか全く未知数ですが、個人的にはたいへん有難い装置であります。
これで禁断症状で手が震えているときでもブレずに撮影ができます。
 
P1200919
 
iPhoneのカバーとしてカパッとはめ込みます。
 
P1200920
 
接眼レンズにはめ込む部分はこんな感じです。
 
P1200921
 
カメラの部分にちょうど穴が空いております。
これを接眼レンズにはめ込めば・・・。
 
P1200918
拡大してもブレない!
かなりキレイな写真が撮れます。
ちなみに撮っている写真は便のグラム染色のジアルジアです。
特にCOIはなく、この会社の回し者ではありませんが、一応ご紹介しておきます。
 
Magnifi
http://www.arcturuslabs.com/
 
お値段$79.99。
うーん、これは高いのか安いのかちょうど判断に悩む価格設定であります。
まあ自分はマイ顕微鏡を買うような男ですので、ためらいもなく買いましたが。
made in USAのようですので、届くのに2週間くらいかかります。

« NCGM感染症ベーシックレビューコース2014のご案内 | トップページ | miyamotoi感染症の報告(IDWR) »

感染症」カテゴリの記事

コメント

これは知りませんでした。
早速ポチります! 楽しみです

【ID CONFERENCE】運営者 様

初めまして、川島と申します。
様々な分野でのメディア運営や大手企業様のWebプロモーションなどのサービスを提供している会社で勤務しております。
このたび、貴媒体から有料で広告リンク掲載して頂けないかご相談をさせて頂きたくご連絡差し上げました。(相互リンクが難しいため)

弊社は現在、クライアント様のウェブプロモーションをしております。
現時点ではクライアント名を述べることはできませんが、世間一般に名の通った大手企業様です。

そこで、有料契約にて貴媒体からの広告リンク掲載をお願いしたくご連絡差し上げました。
貴媒体は有用な情報を掲載されており、是非広告リンク掲載をお願いしたいと考えております。
クライアントも、貴媒体からの広告掲載・タイアップを熱望しております。

是非、掲載位置や料金等のご相談をさせて頂ければと考えておりますが、ご意向をお知らせ頂ければ幸いに存じます。
誠にお手数ではございますが、ご返信は下記連絡先にご連絡頂きますようお願い致します。
E-mail: ik-web@outlook.com  川島
(メールアドレス自動収集ロボットなどの対策のため、上記メールアドレスには全角の「@」を記載しております。
 お手数ですが、お返信の際は半角の「@」に変更してください。)
 
何卒宜しくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/59621710

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneで顕微鏡のグラム染色写真を撮るためのアタッチメント:

« NCGM感染症ベーシックレビューコース2014のご案内 | トップページ | miyamotoi感染症の報告(IDWR) »

最近のトラックバック