無料ブログはココログ

« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年12月1日 - 2013年12月7日 »

2013年10月26日 (土)

日本環境感染学会教育委員会主催  医療疫学トレーニングコース

久しぶりの管理人です.

10月26日,大阪大学で,日本環境感染学会教育委員会主催で,医療疫学トレーニングコースが開催されていますので,参加しております.

個人的に,そしておそらく感染症診療的に,さらに感染対策的に,これから数年は病院疫学・生物統計ブームがやってくるのではないかと思っております.

それは何かというと,つまり「本当は基本スキルとして身につけておかないといけないものが,身についていないとみんなが思っていて,それを学ぶ場を渇望している」ということです.

これ以外にも,病院疫学,統計を学ぼう,という気運が盛り上がっているのを感じます.

一方で,感染症以外の分野ではすでにもっと前から盛り上がっているのでは,という気もします.

たぶん,若者が,今まであまり role model のなかった感染症診療や感染対策を数年間やって,はてさて次に何をやろうか,というときに+αのスキルが必要であるというのを実感しているのでしょう.

まあ何はともあれ,疫学・統計の基本的知識というのは,PCスキルや英語スキルと並列で,身につけておいて損しないもの,と感じております.

で,表記のトレーニングコース,というわけです.

このトレーニングコース,土曜日の朝9時から夜17時,日曜日の朝8時30分から夜17時と,決して甘くないプログラムであるのに加え,参加費も2万5千円と決して安くはございません.

でもその価値はあります.講師陣が自らSHEAのトレーニングコースに出席し,そのエッセンスを詰め込んでいる,というだけのことはあります.

基本を押さえた講習と,自分で手を動かす実習.時間も,お金もかかる理由は出席してよく分かります.

参加者のほとんどは看護師さんです.そこで思うのは,こういうことこそ薬剤師さんも,検査技師さんも,医師も知っていて欲しい,ということ.

今回参加させてもらって自分自身がとても勉強になったのは言うまでもありませんが,こういう勉強会は,また地元に持ち帰って多職種を対象にやる価値が十二分にあると感じました.そう,まだまだ未開の地です.ここは.

今の自分のスタンスは感染症診療,感染対策そして微生物検査ですが,それに加えて,病院疫学,統計という視点をもっと多くの方々に伝えたい,知ってもらわねばならない.そう思ったトレーニングコース初日なのでした.そしてこういうことをみんなで共有することで,活動のクォリティはもっと上がるはずなのです.

詳しくはこちらから,ドゾー.
http://www.kankyokansen.org/modules/news/index.php?content_id=71
(今年度は残念ながらすでに受付終了しております)

« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年12月1日 - 2013年12月7日 »

最近のトラックバック