無料ブログはココログ

« 日本環境感染学会教育委員会主催  医療疫学トレーニングコース | トップページ | ZIKA VIRUS - JAPAN: ex FRENCH POLYNESIA »

2013年12月 2日 (月)

成人発症PFAPA症候群の1例

皆さま

DCCの忽那です。
大変ご無沙汰しております。
なんか最近は自分の論文が掲載されたときだけ報告する自慢大会の様相を呈しておりますが、今回も御多分にもれず自慢です。

http://informahealthcare.com/eprint/rD7uHYaDfieMZEpYmbwR/full
The first case of adult-onset PFAPA syndrome in Japan, Modern Rheumatology,


PFAPA症候群という稀な疾患の、成人発症という更に稀な症例のケースレポートです。
Modern Rheumatologyというリウマチの雑誌に載せていただきました。

正直に申し上げると、ボスの「なんか咽頭炎を周期的に繰り返す病気あったよなあ・・・」というつぶやきがなければ診断できなかった症例です。
治療に当たっては萩野昇先生のご指導をいただきました。
HIVを診ない感染症医は1年以上外来フォローする患者ってあまりいないので新鮮な気持ちで現在もフォロー中です。

« 日本環境感染学会教育委員会主催  医療疫学トレーニングコース | トップページ | ZIKA VIRUS - JAPAN: ex FRENCH POLYNESIA »

ただの日記」カテゴリの記事

コメント

忽那先生

いつも楽しくブログを拝見しています。
小児科ではPFAPAを比較的よく診ますが、成人例はとても珍しいですね。私も最近になってやっと成人のPFAPAの患者さんと出会いました。まとまった報告が無いためプレドニンの容量も手探りですし、予後についても小児の話しかできません。今は大学等とは離れてしまったので、いつか先生の論文を読ませていただこうと思います。また後日談等あれば教えていただけると勉強になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/58685620

この記事へのトラックバック一覧です: 成人発症PFAPA症候群の1例:

« 日本環境感染学会教育委員会主催  医療疫学トレーニングコース | トップページ | ZIKA VIRUS - JAPAN: ex FRENCH POLYNESIA »

最近のトラックバック