無料ブログはココログ

« 尿の培養検査で注意すること | トップページ | 輸入回帰熱の一例 »

2013年7月29日 (月)

尿培養検査の rejection criteria とは?

【Answer】

  • 採取してから2時間以上経過し,冷蔵保存されていなかったもの
  • 採取方法や採取時間が記載されていないもの
  • 24時間蓄尿された尿の一部
  • Foley catheter tip
  • バルーンカテーテルのバッグに貯まった尿
  • 検体容器に破損のあるもの
  • 嫌気培養の依頼(恥骨上穿刺によって得られた検体を除く)
  • 上記に該当するが,どうしてもその検体を用いて培養する場合は,その旨をコメントとして記載する

 尿培養は医師のために行うのではなく,患者のために行うものです.せっかく行う検査を正しく解釈・利用してもらうために,検査室は自らの専門領域において,他職種を教育する立場にあることを忘れてはいけません.




« 尿の培養検査で注意すること | トップページ | 輸入回帰熱の一例 »

感染症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/57887449

この記事へのトラックバック一覧です: 尿培養検査の rejection criteria とは?:

« 尿の培養検査で注意すること | トップページ | 輸入回帰熱の一例 »

最近のトラックバック