無料ブログはココログ

« 平成25年度 日臨技近畿支部 微生物研修会 (1日目午前) | トップページ | 普通に喀痰培養検査を依頼しただけでは見落とされる微生物とは? »

2013年6月29日 (土)

SFTS診療の手引き

忽那です。
「重症熱性血小板減少症症候群(SFTS)診療の手引き」というものをDCCで作成いたしました。
Ncgmsfts20136
こちらからpdfをダウンロードできます。

http://www.dcc-ncgm.info/topic-sfts/?logout=1

pdfの直接のリンクはこちらです。
http://goo.gl/T1ISE
 
中国ではSFTS患者から医療従事者5名に病院内感染した事例が報告されています(Clin Infect Dis 2012; 54:249-252.)。
本手引きは職業感染防止の観点から作成した手引きですが、まだまだ知見の少ない疾患ですので皆様のご意見をいただけましたら幸いです。

« 平成25年度 日臨技近畿支部 微生物研修会 (1日目午前) | トップページ | 普通に喀痰培養検査を依頼しただけでは見落とされる微生物とは? »

感染症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/57690430

この記事へのトラックバック一覧です: SFTS診療の手引き:

« 平成25年度 日臨技近畿支部 微生物研修会 (1日目午前) | トップページ | 普通に喀痰培養検査を依頼しただけでは見落とされる微生物とは? »

最近のトラックバック