無料ブログはココログ

« グラム染色のピットフォール | トップページ | ベトナムからの手紙 »

2013年2月22日 (金)

IASR アルジェリアで回帰熱と診断された日本人男性の1例

DCCの忽那です。

回帰熱の一発屋として認知されている忽那ですが、この度2症例目を診断しました。
http://www.nih.go.jp/niid/ja/relapsing-fever-m/relapsing-fever-iasrd/3174-kj3961.html
アルジェリアで回帰熱と診断された日本人男性の1例
(IASR Vol. 34 p. 43-44: 2013年2月号)
 
この症例は、たまたま旧知の先生からSNSを介して症例の御相談をいただき、病歴から回帰熱を疑って診断できたというケースです。
改めて人と人との繋がりは大事であるなあと感じました。あとSNSってすごいなって思いました。
 
20130222_192011_copy
 
皆さまも、周期性発熱を見たらいつでも忽那まで御相談ください。

« グラム染色のピットフォール | トップページ | ベトナムからの手紙 »

感染症」カテゴリの記事

コメント

そのうち国内発生がでそうですね。

周期性「熱感」の相談でもよいでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/56818316

この記事へのトラックバック一覧です: IASR アルジェリアで回帰熱と診断された日本人男性の1例:

« グラム染色のピットフォール | トップページ | ベトナムからの手紙 »

最近のトラックバック