無料ブログはココログ

« パロモマイシンは本当に必要なのか | トップページ | 血液培養からグラム陽性桿菌が検出されたシリーズ① »

2013年1月 2日 (水)

キノロンはマラリアに効くのか

国際医療センターの忽那です。
本年もID CONFERENCEをどうぞよろしくお願いいたします。
 
忽那の2013年の「染め初め」はギムザ染色でした。
ところ変われば染色も変わる・・・奈良ではグラム染色一辺倒だった忽那も、都会の色(ギムザ色)に染まりつつあるということでしょうか・・・(しばし感傷に浸る)。

 
002
 
さて、最近semi-immuneと思われる方の熱帯熱マラリアの症例を経験したんですが、前医でキノロンしか投与されていないのに、前医初診時(キノロン投与前)よりも当院受診時(キノロン投与後)の寄生率が明らかに少なかったんですよね。
semi-immuneだからそんなこともあるのかな〜という気もしたんですが、リングが壊れているマラリア原虫もチラホラみられました。
これってまさか・・・キノロンがマラリアに効いているのでは・・・?
そういえば奈良に移られたF先生が「キノロンもちょっと効くで〜」とおっしゃっていたような・・・。
クリンダマイシンとかドキシサイクリンとかアジスロマイシンがマラリアにちょい効きするのは知られていることですが、キノロンもちょっと効くのか・・・。
 
というわけで、マラリア原虫に対するキノロンの効果について検討した研究を調べてみたんですが、PubMedで「malaria quinolone」で検索すると90くらいの文献がヒットして、意外と注目されている話題のようです。
 
In vitro activities of 25 quinolones and fluoroquinolones against liver and blood stage Plasmodium spp.
Antimicrob Agents Chemother. 2003 Aug;47(8):2636-9.
 
例えばこの研究によると、in vitroで様々な種類のキノロンがマラリアの発育を阻害したとのことです。
「キノロンはマラリアの治療薬となる可能性を秘めている!」という結論のようです。
in vivoでもチョロッとは効くんじゃないでしょうか。
まあだからと言ってマラリアの治療に今のキノロンが使えるわけではないので、熱帯熱マラリアにクラビット単剤で治療などということは決して行なってはいけませんが(結核と同じですね)、いずれは超効くキノロンが開発される可能性はありそうです。
皆さまの「オレもキノロンがちょい効きした熱帯熱マラリアの経験があるぜ!」という体験談を募集しております。

« パロモマイシンは本当に必要なのか | トップページ | 血液培養からグラム陽性桿菌が検出されたシリーズ① »

感染症」カテゴリの記事

コメント

いつも勉強させていただいています。
元々キノロンは、クロロキンをいじっていたらできちゃった抗菌薬のはずなので、ちょびっと効くのかもしれないですね。

谷口先生

コメントありがとうございます。

>元々キノロンは、クロロキンをいじっていたらできちゃった抗菌薬

確かにそう言われてみると名前が似ていますね(キンの部分が)。
なるほど。
勉強になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/56452979

この記事へのトラックバック一覧です: キノロンはマラリアに効くのか:

« パロモマイシンは本当に必要なのか | トップページ | 血液培養からグラム陽性桿菌が検出されたシリーズ① »

最近のトラックバック