無料ブログはココログ

« キノロンはマラリアに効くのか | トップページ | 血液培養からグラム陽性桿菌が検出されたシリーズ①解答編 »

2013年1月 9日 (水)

血液培養からグラム陽性桿菌が検出されたシリーズ①

国際医療センターDCCの忽那です。
 
昨年までの私は自分の書きたいことばかり書いておりましたが、本年はもう少し本ブログの読者の皆さまとの交流を大事にしたいと考えております。
なぜなら私が寂しがりやだからであります。
というわけで、本日は「血液培養からグラム陽性桿菌が検出された架空のケース」について皆さまと考えてみたいと思います。
 
感染性心内膜炎の疑いで入院となった患者の血液培養が5日目に陽性となりました。
陽性となった血液培養の好気ボトルの血液をグラム染色してみると・・・
 
Adifectiva_aerobic3
 
グラム陽性桿菌・・・?
でもBacillusみたいに太くもないし・・・Corynebacteriumみたいにハの字になってないし・・・まさかリステリアのIE・・・?
 
Adifectiva_anaerobic2
 
こっちは嫌気ボトルです。
好気ボトルよりもちょっと太いような・・・。
 
本症例の血液培養から検出された菌をチョコレート寒天培地に塗り、数日後に発育したコロニーを直接塗抹しグラム染色を行いました。
 
Adifectiva_bhi2
 
血液培養ボトルよりも丸っこい・・・?
 
というわけで、久々の血液培養クイズです。
●感染性心内膜炎疑いの患者の血液培養から検出されたこのグラム陽性桿菌は何でしょうか。
●感受性結果が出るまでしばらくかかりそうですが、それまでの間の抗菌薬の選択はどうしますか?
 
道場師範と当ブログ管理人はすぐ分かりそうなので、お二人はしばらく回答せずに様子を見ていていただけますでしょうか(しかし誰もコメントしないようであれば悲しいので、そのときは空気を読んでコメントしてください)。

« キノロンはマラリアに効くのか | トップページ | 血液培養からグラム陽性桿菌が検出されたシリーズ①解答編 »

感染症」カテゴリの記事

コメント

よくわからないですが、2番目のやつあたりがカンジダにみえるきがします。
個人的な趣味ですが、3番目のほうがかわいいので好きです。さそり座みたいな。

けっしー

コメントありがとうございます。
確かにカンジダっぽいようにも見えますね。
しかし、大きさ的にはカンジダよりももっと小さい感じだと思います(シャレです☆)。
血液培養陽性まで時間がかかっているという点もポイントかもしれません。

うーん、難しいです。。トリコスポロンでしょうか~?

BCx5日目、チョコでも数日、と遅いこともヒントでしょうか。以前A.detectiva例を横目でみたことがあります。PCG MICを確認するまではPCG+GM(+VCMは不要か?)でしょうか。。

匿名です(笑)
チョコと数日かかるとIEとGPCぽく見えるという手がかりからは
アビオトロフィアに一票

山の向こうから投稿です。ヒヅメの音が聞こえます・・・
ですから、シマウマでは無くウマだと考えます。
Rhodococcus equiでしょうか?
感受性判明まではバンコマイシンを使います。

はじめて投稿させて頂きます。IEで、5日目の陽性と比較的時間がかかっていること、嫌気ボトルで生きがよさそうということで、HACEKgroupのActionobacillusとかでしょうか?(^^;

うおおおおおお結構コメントがついている!
皆さま、ありがとうございます。
正解は今日明日にも書かせていただきます。
コメントありがとうございました。

初めて投稿させて頂きます。
Fastidius bacteria、IE、グラム陽性短桿菌より私もNVSの一種Abitrophia sp.に一票させていただきます。治療はPCG+GM、外せない時はVCM+GMだと考えております。

皆さま

たくさんのコメントありがとうございました。
正解はアビオトロフォアでした。
数名の方が正解されておりますが、さすがにこんなマニアックなブログを御覧の方はマニアックな知識をお持ちです。参りました。
抗菌薬の選択は、個人的にはVCMで開始して同定されればGMを追加してVCM→PCGに変更という感じでしょうか。自信があれば最初からPCG+GMがカッコいいかもしれませんが。

もう一度言いますが、たくさんのコメントありがとうございました。

マニアックな内容を一つ、
NVSの中のadjacensちょっと昔はStreptococcus、少し前はAbiotrophila、今はGranulicatellaです。

血液寒天培地に生えないのでその時に分かることがありますが、施設により血液寒天の種類が違うので普通に発育することがあります。

主に関東圏は血液寒天で生えることが多く、関西圏では少ない傾向です。
これはHaemophilusの発育性を重視しているかどうかに関わります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/56504206

この記事へのトラックバック一覧です: 血液培養からグラム陽性桿菌が検出されたシリーズ①:

« キノロンはマラリアに効くのか | トップページ | 血液培養からグラム陽性桿菌が検出されたシリーズ①解答編 »

最近のトラックバック