無料ブログはココログ

« 2012年5月6日 - 2012年5月12日 | トップページ | 2012年5月27日 - 2012年6月2日 »

2012年5月19日 (土)

SHIKATENみるトレが始まります

国際医療研究センターのクツナです。

この度当ブログ管理人である笠原、天理よろづ相談所病院総合内科の佐田竜一先生、そして丁稚の忽那の3人を中心としたSHIKATENチームで総合診療専門誌JIMの「みるトレ」感染症部門の連載をさせていただくことになりました。
最新刊の5月号には笠原の出題した問題が掲載されております。

551147_314297205313949_10000201017

今後は定期的に我々SHIKATENチームの感染症クイズがJIMに掲載されますので、どうぞよろしくお願いいたします。

というわけで少しでもみるトレに興味を持っていただくために私の方から例題を出させていただきます。
みるトレは基本的な問題を中心に出題されていますが、今回は感染症オタクの皆様に喜ばれるようなID CONFERENCEならではの、みるトレには決して掲載できない激マニアックな問題を出題させていただきます。

-----------------------------------------------------------------------------------

■Case 00

(架空の症例)
70代女性。
重症熱傷(Prognostic Burn Index=121)のため救命センターに長期入院中。
経過中にC. glabrataによるカテーテル関連感染症を併発しMCFGで治療中であった。
CVカテーテルを抜去しMCFGを開始してからは解熱していたが、抜去後7日目より再び38℃台の発熱を認めたため血液培養を採取した後に再びCVカテーテルを交換したところ解熱した。
採取してから7日後に血液培養が陽性となり、さらにその2日後サブロー培地にて写真のようなコロニー形成がみられた。
血液培養のグラム染色およびサブロー培地でのコロニーの写真を以下に示す。

P1200240_2

P1200233_2

Q. 感染のフォーカスおよび原因微生物は何か?

MCFG投与中に起こった酵母様真菌によるブレイクスルー・・・。
先に言っておきますが、C. parapsilosisではありません!!

当ブログ管理人も正解を知らないので、ふるってご回答ください。
正解は1週間後に。

2012年5月13日 (日)

感度と特異度からひもとく感染症診療のDecision Making

国際医療研究センターのクツナです。
本日は感染症関連の書籍のご紹介です。

0409140_3

本書は感染症診療に関連する80の検査項目の検査特性についてこだわりまくった激熱の1冊です。
トキソプラズマ抗体やブルセラ凝集反応といった感染症好きのためのマニアックな項目だけでなく、白血球、CRP、尿培養など医師なら誰もがオーダーする検査についても感度・特異度・尤度比や困ったときの次の一手が詳細に述べられています。
まさに医師必携の一冊であります。

本ブログ管理人は血液培養の項目で、そして実は不肖クツナも喀痰グラム染色と喀痰チールニールセン染色の項目について書かせていただいております。
このような錚々たる執筆陣の中で書かせていただき本当に光栄であります。
母ちゃん・・・オレ、東京で頑張ってるよ・・・。
ご依頼をいただいてからというもの、ご編集された亀田総合病院総合診療・感染症科部長,臨床検査科部長 細川直登先生のいらっしゃる鴨川市には決して足を向けて眠れない夜(眠れナイト)を過ごしております。
この数日貪るように本書を読みながら電車通勤しているため常に携帯していたのですが、某勉強会で細川先生にお会いする機会があり、ここぞとばかりに本書にサインをしていただきました。

Img_2113_2

細川先生をご存知の方は、どなたもその暖かすぎるお人柄をご存知のことと思いますが、突然のお願いにもかかわらずご快諾いただきサインしていただきました。

Img_2115_2

細川先生のサインゲットー!
クツナはリリー・フランキーのサイン入りの『最強伝説黒沢』を持っていますが、それを超える家宝の誕生であります!

おや・・・日付が・・・20012年!?
名著は18000年の時を超える・・・細川先生、そういうことですね。わかります。
というわけで、『感度と特異度からひもとく感染症診療のDecision Making』、本当に名著ですのでぜひご一読ください。

« 2012年5月6日 - 2012年5月12日 | トップページ | 2012年5月27日 - 2012年6月2日 »

最近のトラックバック