無料ブログはココログ

« 2012年4月8日 - 2012年4月14日 | トップページ | 2012年5月6日 - 2012年5月12日 »

2012年4月25日 (水)

感染症学会シンポジウム4「研究をしませんか」

無事,終了しました.

水曜日の朝イチにも関わらず,数多くの方々(+顔見知りの方々)に参加していただき,質疑応答では思わずIDATENカンファかと思うような方々からのコメントがあいつぎ,とても楽しかったとともに,「臨床感染症の履修,教育」から「研究」へと私と同世代の方々が少しシフトしつつあることを実感しました.
若手を研究にいざなう,というよりは,私と同世代の方々が,これからいかに工夫をして研究を進めていくか,という内容だったかもしれませんね.

このシンポジウムの企画自体は実は私が学会に提案したもので(学会員,評議員には学会開催前に「希望したい企画があったら教えてね」という連絡が事前に来てると思います),原田先生や丸山先生,松元先生といった発表者も私がお願いしたものです.少し話がそれますが,「学会」に少し抵抗を感じてらっしゃる方がいらっしゃったら,是非「自分が当事者」になってみてください.学会に欠けているものがある,学会に不満な点がある,というのなら是非それを学会に提案してみてください.沢山の人が集まる学会,せっかく集まるのならより良い集会にしたいじゃないですか.その気になれば,結構身近な工夫や提案で物事は変わるものです.

さて,シンポジウムですが,丸山先生には僻地でもできる臨床研究,原田先生には臨床感染症医の耐性菌研究,松元先生には薬剤師が行う臨床研究,について発表していただきました.私はそのイントロダクションということで,「米国における感染症研究」について私の限られた経験からお話しさせていただきました.

■ 臨床感染症のトレーニングと感染症研究

「臨床感染症」の発展様式は,皆さんご存じのように日本と米国では大きく異なっていて,日本の感染症学は「臓器別」に発展してきた経緯があります.したがって「肺炎」や「尿路感染症」という臓器別の研究は進んでいる反面,「敗血症」「心内膜炎」などの血流感染症や「血液培養から◎×菌が分離された症例」というふうに複数の臓器に病変がまたがって存在するような患者に関する研究は日本ではまだまだ数少ないのが現状です.

従って,臓器に縛られないいわゆる「(米国式)臨床感染症」を切り口にした感染症研究は,日本ではまだまだこれからなのです.こういった研究をこれから進めていくには,そもそもまずちゃんとした臨床感染症のトレーニングを受けていなければいけません.従って私の一番目のメッセージは,「臨床感染症医として感染症研究(基礎であれ臨床であれ)をしたいのであれば,まず「臨床感染症のトレーニングをしっかりうけること」ということでした.

これは同時に「臨床感染症を学びたい」という若者達のアツい気持ちと「研究をする」ということは,まったく同方向,同一線上に存在している,ということを意味しています.つまり「研究をするために臨床をないがしろにしたり」,「臨床をするために研究をないがしろにしたり」する必要は全くなく,むしろどっちもちゃんとしなければだめだ,というメッセージなのです.

■ あなたの専門は何ですか?

松元先生は「薬剤師として働いていて,日本では絶対聞かれることはなかったが,米国では沢山の人に聞かれた」こととして「あなたの専門は何ですか?」という質問を挙げておられました.シンポジウムが始まる前に原田先生も「長くやっていると専門を持つ必要性が出てくる」ということをおっしゃっていましたが,そういう点でも「研究」の必要性がみえてくると思います.もちろん「教育」も専門性の一つですから,「感染症診療+感染症教育」という研究分野でもいいと思うのですが,いずれにせよ,専門というからには何らかのアウトプットがないと,なかなか第三者には理解してもらいにくいですね.

■ 各分野の専門家をつなぐ

フロアから,例えば細菌学者や微生物検査技師,薬理学者に,彼らが持っているデータが「臨床現場でどのように役立てられるべきか」をどう対話すればよいか(臨床医から伝えればよいか),という質問がありました.
これについては,私はその重要性は理解しつつも,「その対話がちゃんとできる臨床医は希有である」とお返事しました.このブログでもありましたが,例えば喀痰のインフルエンザ桿菌がCTRX耐性と返ってきたときに,ちゃんと検査室にその妥当性を質問し,場合によっては検査方法まで踏み込んで質問できる臨床医がどれくらいいるでしょうか?日本の感染症を専門とする臨床医の中で,それぞれの病院でICNや臨床微生物検査技師に,同じ目線で議論できる臨床医がどれくらいいるでしょうか?多くの方々は「それはもう検査室にまかせるよ」「それは看護師の仕事でしょ」と自ら関わるのを避けているのではないでしょうか.
ですから,ここでもやはり「臨床感染症医の育成」が喫緊の課題だと思うわけです.

■ role model/mentor を持つ

全ての発表者に共通していたのが role model/mentor を持つ,ということでした.日本にも優れたrole modelが沢山いらっしゃいますが,米国にはもっと沢山います.私は別に米国に留学することをお勧めしているわけではありませんが,「臨床感染症医+α(疫学や微生物検査など)」の研究者たちがダイナミックにコラボレーションしているところを見れる,という意味では留学は手軽な方法の一つだと思います.

■ これからの日本での感染症研究

フロアから生物統計や疫学を学べるコースは日本にはないのか,という質問があり,誰も満足にお答えすることはできませんでした(他のフロアの先生から京都大学のコースのご紹介がありました).もしかすると循環器や腎臓など,他分野ではそういうコースがあるのかもしれません.もっともっと私たちは視野を広く持ち,異なる施設での感染症医同士の交流はもちろん,感染症分野でなくても,研究手法を軸とした交流など,様々な軸で有機的につながっていく必要がある,と感じました.例えば感染症研究関係で role model がないのなら,感染症学会に,循環器や腫瘍など,他分野で臨床研究を成功させている人たちをお呼びしてシンポジウムを開催する,なんてことも面白いと思います.

10年ほど前に感じた,IDATENを中心として「臨床感染症という学問があるんだ,面白いなぁ」という新鮮な気持ちは,当時に同じ思いをもったであろう仲間と共に「感染症研究をやるぞ」という新たな新鮮な気持ちにシフトし,これから数年で大きく発展するのではないか(だってすでに交流はあるんですから),そう感じたひとときでした.

取り急ぎ,乱文ですがご報告します(また加筆訂正するかもしれません)

2012年4月22日 (日)

マラリア・トレーニングコース@NCGM

国立国際医療研究センター感染症内科/国際疾病センターの忽那です。

忽那は現在感染症内科と国際疾病センター(DCC)に所属しているのですが、DCCと言えば何と言ってもマラリアであります。
DCCでは年間20例前後のマラリア症例を診療しているということで、マラリア診療はDCCと切っても切り離せないものです。
しかし、忽那はマラリアについては「マラリア治療薬のアルテミシニンの植物名はクソニンジンである」という、かなりどうでもいいことしか知らないという体たらくであり、マラリアが来たらどうしようと内心ビビっていたのですが、ちょうどそこにマラリアトレーニングコースのお話をいただき、渡りに船ということで先日参加してまいりました。

マラリアのトレーニングコースは、国際医療研究センター研究所の熱帯医学・マラリア研究部 部長の狩野繁之先生に丸一日マラリアについて叩きこんでいただけるという夢のようなコースです。
狩野先生といえば、日本熱帯医学会の前会長であり、WHOのInternational travel and healthのマラリアの項を監修しているという、日本の、いや世界の、むしろ宇宙のマラリア第一人者であります。
日本広しと言えどもそのようなマラリアの権威にみっちりと丸一日教えていただけるのは・・・そう、国立国際医療研究センターだけ!(さりげなく宣伝)

Img_2051

実を言うと元々は厚労省医務官の先生のためのコースであり、我々がそこにお邪魔させていただいたというわけです。
受講者は医務官の先生、忽那、そして私の同僚の谷崎先生の3人であり、こんな感じでまったりとした感じでレクチャーが始まりました。
狩野先生のマラリアレクチャーはまさに黄金体験でありまして、脾摘により感染44年後に発症した四日熱マラリアの症例、ヒトの進化に合わせた三日熱・四日熱・卵形マラリアの進化、日本で初めてアルテミシニンを使用したマラリア症例など、非常に興味深いお話をたくさん聞くことができました。

そして午後からは待ちに待った鏡検実習です。
まずは、寄生率の計算についての実習です。

Falci

このようにキレイにリング状に見えるのが熱帯熱マラリアです。

P1200104

網目が切れちゃってますが、この網目の中の赤血球のうち、熱帯熱マラリアに感染している赤血球の比率を計算します。
寄生率30%という、かなりちゃばい検体でした。

次は、実際に自分の血液をギムザ染色してみようのコーナーです。

Img_2054

狩野先生自ら、谷崎先生の採血を行います。
当ブログ管理人からのツッコミが入りそうなので弁明しておきますが、このあとちゃんと手袋をつけて採血していますよ。
この血液をプレパラにシュシュッと引いてギムザ染色を行います。

P1200120
P1200124

ギムザ染色を15分ほど放置するので、待っている間にマラリア迅速検査キットを使ってみようということに。
先ほど採血した谷崎先生の血液を使って迅速検査を行いました。

P1200136

まあ当然陰性に出るよな・・・と思ってたら・・・

P1200144


陽性キターーーーーーー!

えっ、まさかこれって・・・熱帯熱マラリア?
確かBinaxNOW Malariaは特異度99%を誇る検査キットだったはず・・・ということは谷崎先生は熱帯熱マラリアでほぼ間違いないのか?

「いやいやいやいや、僕海外渡航歴ないですし。症状も全然ないし。そもそも検査前確率が低い状況でこのような検査を行なっても陽性的中率は極めて低いわけで・・・」

急に多弁になる谷崎先生。
まさかコレは脳マラリアの症状なのだろうか・・・。
とすると治療を急がなければヤバい・・・。

私自身、谷崎先生が熱帯熱マラリアであるはずはないと思ってはいたものの、ちょっと不安になってきたのも事実。
もしこれでギムザ染色でもマラリア原虫が見えたりしたら・・・。
ちょうどギムザ染色が完了したので、恐る恐る鏡検してみると・・・。

Img15

リングフォームキターーーーーーー!

こ、これはやはり熱帯熱マラリア・・・?

「これは・・・アーチファクト・・・アーチファクトに違いない。これは単にゴミが見えてるだけなんだ・・・むしろ人類全てがゴミなんだ・・・おまえら全員クソニンジンなんだ・・・」

ガタガタと手が振るえながら発言がおかしくなってきた谷崎先生。
やはり脳マラリアの状態ということで間違いなさそうです。

「うわああああああああああ!助けてくれええええええ!」

谷崎先生が正気を失いかけたそのとき・・・

狩野先生「フッフッフ・・・騙されたな・・・」

えっ・・・?
呆然とする一同。

狩野先生「さっき皆が一心不乱に寄生率をカウントしてるときに谷崎先生の血液に培養したマラリア原虫をこっそり混ぜておいたのだ・・・」

な、なにいいいいいいいいいいいい!
やられた・・・さすがマラリアの権威、マラリアジョークまで超一流です。

というわけで、正気を取り戻した谷崎先生と共に、他のマラリアのスライドも見せていただきました。

Img22
■三日熱マラリア原虫

Img25
■卵形マラリア原虫

最後にちょっとためになることを書いておきますが、狩野先生によりますとマラリアの鏡検で最も大事なのは「感染赤血球が大きくなっているか否か」だそうです。
なぜなら大きくなっている場合(三日熱・卵形)は、ヒプノゾイトを作るのでプリマキンで治療が必要になる一方、大きくなっていない場合(熱帯熱・四日熱)はプリマキンは不要であり通常の治療でOK、というように治療の選択が変わってくるからだそうです。
いやー、勉強になりました。

« 2012年4月8日 - 2012年4月14日 | トップページ | 2012年5月6日 - 2012年5月12日 »

最近のトラックバック