無料ブログはココログ

« 2012年3月25日 - 2012年3月31日 | トップページ | 2012年4月22日 - 2012年4月28日 »

2012年4月13日 (金)

カリニ@グラム染色

市立奈良病院の忽那改め、国立国際医療研究センター 感染症内科/国際疾病センターの忽那です。
4月から上京し、大曲貴夫先生をはじめとした先生方の元、新宿で感染症と渡航医学について勉強しております。
都会に住んだことない私としては、人の多さ、そびえ立つビル群に圧倒されています。
ちなみにコレが病院からの風景です・・・若草山が見えない・・・。

___1

とりあえず改札口を颯爽と通過するのが都会人のやり方なのだと分かったので、さっそくSuicaを買ってかっこ良く改札口を通過するテクニックを習得しました。
今後も都会人として精進していきたいと思います。

さて、私の所属は感染症内科/DCCですが、エイズ治療・研究開発センターとも交流があり、先日染め友の(というと大変恐れ多いですが)T田先生に「検体をゲットしたので染めようぜ!」とお電話をいただきACCにお邪魔してきました。

P1200057

検体はニューモシスチス肺炎疑いの症例から得られたBAL液です。
これを遠心して塗抹し、DIFF-QUIK染色を行います。

P1200065

これを顕微鏡で覗いてみると・・・

Pcp_2  

うおおおおおおお、出よったあああああああ!
ニューモシスチス原虫がウジャウジャいてはります。
診断はやはりPCP!
よっしゃああああああああ!

いやー、良い染色だったなあ・・・と私が満足感に浸っていると、隣でT田先生が「いやいや・・・これくらいで満足されては困ります・・・」と笑ってらっしゃるではないですか。
ま、まさか・・・これをグラム染色で?
やっていいんすか?

というわけで、同じ検体をグラム染色で染め上げてみました。
すると・・・そこには・・・。

Pcpg

おりよったあああああああああああ!
ニューモシスチス原虫はグラム染色でも認識可能!
これは相当衝撃的な事実ではないでしょうか!

PCPに対するBAL液のグラム染色の感度・特異度に関しては、文献を探してみましたが見つけられませんでした(当り前か)。
たぶん「グラム染色なんて使えねえ」という歴史的な経緯で現在は誰もしていないのでしょう。
ですので、これは飽くまでも「染めてみました」というものであって、PCPの診断にBAL液のグラム染色することを推奨しているわけではありませんのでご注意ください(誰もマネしないと思いますが)。

2012年4月10日 (火)

6/9『尋常じゃないカンファレンス(JNC)』のご案内

ID CONFERENCEをご覧の皆さま。
阪南市民病院の北です。

“尋常じゃないカンファレンス(JNC)”開催のご案内

をさせていただきます。
JNCは、“尋常じゃないことをしたい”という思いから生まれた企画です。

その概要ですが、
■尋常じゃないプレゼンターたちが
■尋常じゃない参加者に対し
■尋常じゃないケースプレゼンテーションを
■尋常じゃない時間帯に(深夜ぶっ通しで)
■尋常じゃない場所(阪南市民病院?どこ??それもリハ室!?)で行う

というものです。
単純にケースカンファレンスを行うだけではありません。
診断出来た者に点数が与えられ、その総得点数を競い合いあうという、まさに診断学の天下一武道会”を開催いたします。
要するにみんなで夜中に集まって『誰が1番診断できるんか、白黒はっきりつけたらんか~い!』ということをします。
医療はアテモノなどでは決してありませんし、ましてや誰が1番か決めるためのものでも決してありません。
しかし、今回のカンファレンスに限ってはアテモノ以外の何物でもありません。
時にはこうやって尋常じゃない夜を過ごしたって良いじゃあありませんか。

■日時:2012.6.9(土)、22時から開始し翌朝まで(あるいは決着がつくまで)。
■場所:阪南市民病院2階リハビリテーション室
http://www.seichokai.or.jp/hannan/access.php
■参加者:60名程度(プレゼンターを除き40数名)
■参加費:無料
■プレゼンター:15名前後
■プレゼンテーションの内容:症例提示
■ルール:診断できればポイントを獲得でき、総得点数で誰が1番か決めるという、問答無用のガチンコバトル!総得点数1位の方にはトロフィーを贈呈予定。スマートフォンや書物などで調べるのは禁止!
■飲食物:おやつ、ソフトドリンク等をご用意いたします
■駐車場:20台ほどあり
■途中リタイア者のためのベッドや寝る場所は確保してあります
■参加者募集期間:4/21(土)まで。地域や学年などを考慮して参加者を選考させていただきます。参加可能かどうかは4/30(月)にお知らせいたします。

プレゼンターは、
・大路剛先生(神戸大学医学部 感染症内科)
・片岡裕貴先生(県立尼崎病院 呼吸器内科)
・笠原敬先生(奈良県立医科大学 感染症センター)
・金澤健司先生(神戸大学 総合内科)
・北和也(阪南市民病院 総合診療科)
・忽那賢志先生(国際医療研究センター 感染症内科 / 国際疾病センター)
・佐田竜一先生(天理よろづ相談所病院 総合内科)
・白野倫徳先生(大阪市立総合医療センター 感染症科)
・徳田安春先生(水戸地域医療教育センター 総合診療科)
・友永泰介先生(産業医科大学 産業保健研修コース)
・萩野昇先生(帝京大学ちば総合医療センター 血液・リウマチ内科)
・羽田野義郎先生(洛和会音羽病院 総合診療科 感染症科)
・平島修先生(市立堺病院 総合内科)
・山中克郎先生(藤田保健衛生大学 総合救急内科)
・山本祐先生(自治医科大学 総合診療科)
当ブログ管理人、忽那先生も勿論プレゼンターです!
このプレゼンターの尋常なきこと突風の如し!!
さらに、このプレゼンターとのガチンコバトルを楽しめるのはそう、
『尋常じゃないカンファレンス』だけ!!

参加ご希望の方は、
jinjojanai@gmail.com
まで、下記内容をメールください(コピー&ペーストで利用してください)。
※性別をたずねるのは、休むスペースの確保の問題があるためです。

≪医師≫
■氏名:
■所属):
■卒業年度:
■性別:
■Eメールアドレス:

≪学生≫
学生の方は、大学毎に2人組での参加をお願いいたします。
原則1大学につき1ペアです。
氏名、学年、性別については2名分を記載ください。
■大学名:
■氏名:
■学年:
■性別:
■代表のEメールアドレス:

以上です。
細かいルール設定などについては参加者決定次第、追ってご連絡いたします。
さあ、おっぱじめようじゃありませんか!!

~余談~
そもそも、なんでこんな会をすることになったかといいますと・・・。
今年の1月だったでしょうか。
私の家で、当ブログ管理人、忽那先生、うちの3家族で楽しくおでんを食べていたときのことです。
忽那先生が(焼酎片手に)遠くを見つめながら“なんか尋常じゃないことをしたいなあ・・・”とおもむろに呟きました。
この言葉にインスピレーションを得て、『尋常じゃないことをしよう!』と動き出したのがことの発端です。
そしてもう一つの大きな理由です。
私が勤めております阪南市民病院は、昨年度から公設民営となり法人主導で新たなスタートを切りました。
『やってやるぜ!』と意気込んで就職したものの、とにかくスタッフ不足(とくに看護師不足)が大きな問題となり、何をやるにも障壁になってしまっています。
稼働ベッド数を減らさなければならない、救急を制限しなければならない、勉強会を開いても皆参加する時間が惜しい、院内ACLSをするには今は負担が大きすぎるからもうちょっと待って・・・。
人員不足がネックで市民および当院スタッフはこの1年辛い思いをしてきました。
需要はたくさんあるのに思う存分応えられない・・・。
そして離職がさらに進んでしまい、さらに活気がなくなりという悪循環に陥った時期もありました。
なんでこんなしんどい目に合わなければならないのだ、この負の螺旋から抜け出すには辞めてしまえばよいのでは、そんな思いがよぎることがあって然りです。
そんな中、少しでも病院を活気づけたいと思いこの企画を考えました。
職員ひとりひとりに『こんな熱い人たちが集まり注目する病院で頑張って働いているんだ』とどうか誇りを持って欲しいし、ひとりひとりの行動ひとつひとつに意味づけをして欲しいんです。
おむつ交換一つをとっても、こんな人員不足の病院では非常に大きな意味のあることなのだと。
偉そうなことを書きましたが、病院の皆には『お前に言われんでも誇りもってやっとるわ』と言われそうですが(笑)
一人では何もできませんが、本当に有り難いことに、管理人、忽那先生はじめ周りの皆さんがどんどんバックアップ下さり、そしてその輪はどんどん大きくなり、上記のようなまさに『尋常じゃない』ものになりました。
以前、徳田安春先生にどうやったら人は集まるのですかと以前お尋ねしたときに、『passionと教育』と即答されました。
だから、皆さんの『passionと教育』を、うちの病院に少しだけ分けに来てください。
6/9、待っています!!

« 2012年3月25日 - 2012年3月31日 | トップページ | 2012年4月22日 - 2012年4月28日 »

最近のトラックバック