無料ブログはココログ

« 何でも染めてみようシリーズ①ヨーグルト&カルピス | トップページ | CAMP試験 »

2012年10月31日 (水)

Helicobacter cinaedi swimming in the blood

忽那@国立国際医療研究センターDCCです。

Helicobacter cinaedi感染症の症例を経験しました。
実はこれが初cinaediです。

Idc001
グラム染色上はこのような螺旋状のグラム陰性桿菌です。
見た目はキャンピロバクターっぽいですが、元々はキャンピロバクター属に分類されていたそうです。
あまりに奇妙な臨床症状を呈する菌であり、忽那はcinaediに夢中になっています。
そんなわけでHelicobacter cinaediが生えた血液培養ボトルの血液をスライドに一滴垂らしカバーガラスをかけて、血中を泳ぐ様子を顕微鏡で観察してみました。
スクリューしながら激しく泳いでいます。
ずっと眺めていて思ったんですが、こいつらって結構お互いがくっつき合って、絡みまくるんですよね。
「凧あげみたいだな」って思いました。
早く正月来ないかな・・・。
というわけで、血液中を泳ぐcinaediをご覧ください。

 

ちょっと分かりにくいんですが、細くてクルクルしてギュインギュイン動いているのがcinaediです。

一応学術的な内容も書いておいた方が良さそうなので、cinaediについて簡単にまとめておきます。
主に虎ノ門病院 臨床感染症科の荒岡先生のレビューを参考にさせていただきました。

Helicobacter cinaediについて
Helicobacter cinaediはらせん状のグラム陰性桿菌であり、特に免疫不全患者の腸管や血液から分離されることが多い。本邦では2003年に初めて分離が報告されて以降、免疫不全患者を中心に血液培養から検出される例が増加している。血液培養で本菌が分離されるのは主にBactec(BD)という自動血液培養システムからであり、Bact/Alert(Biomerieux)からの分離は稀である。このため、採用されている自動血液培養システムによって施設における分離頻度が異なる。培養開始から陽性となるまで平均5~7日かかるため、5日程度で培養を中止している施設では本菌を見逃している可能性がある。

臨床像としては直腸炎、蜂窩織炎、菌血症などが多い。蜂窩織炎では呈示症例のように発熱と共に四肢に淡い紅斑が出現し、時に疼痛を伴う。明らかな外傷歴などはないことが多い。病理組織では一般的な蜂窩織炎の所見が得られるようである。

本菌は薬剤感受性検査が困難であり、一般の医療施設では検出された菌の感受性に基づいた抗菌薬の選択ができないため、経験的に感受性があるとされるペニシリン系、セフェム系、カルバペネム系、アミノグリコシド系、テトラサイクリン系などを用いる。本菌はエリスロマイシン系に耐性であり、また本邦で検出される株はニューキノロン系にも耐性を示すことが多いことが知られており選択すべきではない。

また、本菌による感染症は呈示症例のように再発することが非常に多いことが特徴であり、荒岡の報告では39例中9例で抗菌薬中止後に再発したという。再発を防ぐために4~6週の長期間の治療や消化管殺菌なども検討されているが、現時点では定まった治療法・再発予防法はない。

■参考文献
1)荒岡秀樹. Helicobacter Cinaediによる蜂窩織炎、菌血症の1例.感染症学雑誌第86巻 第5号 付録
2)Uçkay I, Garbino J, Dietrich PY, et al. Recurrent bacteremia with Helicobacter cinaedi: case report and review of the literature. BMC Infect Dis. 2006; 6: 86.
3)Cutaneous Manifestations of Helicobacter cinaedi Infection. Acta Derm Venereol. 2012 Jun 27.

« 何でも染めてみようシリーズ①ヨーグルト&カルピス | トップページ | CAMP試験 »

感染症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/55971378

この記事へのトラックバック一覧です: Helicobacter cinaedi swimming in the blood:

« 何でも染めてみようシリーズ①ヨーグルト&カルピス | トップページ | CAMP試験 »

最近のトラックバック