無料ブログはココログ

« 「臨床感染症ブックレット 7巻  入院患者における重症・難治性感染症を診る」 | トップページ | Inoculum effectとCEZ vs CTRXについての暫定的まとめ »

2012年8月 3日 (金)

目で見る感染症 その2「動く虫」解答編

国立国際医療研究センター国際感染症センターの忽那です。
今回は前回の目で見る感染症シリーズの解答です。

とりあえず前回の中年女性の便から出た虫をもう一度見てみましょう。

いやー、この躍動感のある動き、ぱねえっすなあ。
あまりに感動したので、この動画をいろんな人に見せまくっていますが、たいていは「お、おう・・・」という感じのリアクションで寂しい忽那です。

さて、前回の虫を国立感染症研究所の寄生動物部に送って検査していただきました。
ミトコンドリアDNAのcox1遺伝子をPCRで増幅した増幅産物の塩基配列が解析され、無鉤条虫(Taenia saginata)と同定されました。
無鉤条虫は体節が切れて数cmずつ便に排出され、それぞれがこのように活発に動くそうです。

というわけで、病原体が分かれば治療するのみであります。
果たして何も悪さをしていない寄生虫を駆虫すべきなのか、少々かわいそうな気もいたしますが、まあご本人が気持ち悪がっているので仕方ありません。
前日の夜に下剤を飲んでいただき、当日の朝にプラジカンテルを飲んでいただきました。
そして昼過ぎに・・・出よったああああああ!

Zqn

こ、これは・・・すごい迫力・・・。
拡大するとこんな感じです。なんかきしめんっぽい。

P1200396

そこに突然乱入し、「きしめん、大好きッス!いただきます!」といきなり食べようとするT崎先生。

Photo

落ち着け!それはきしめんじゃない!

いや、待てよ・・・確かにきしめんに似ているような気もするな・・・これは鑑別が必要だ。
ちょうど偶然にもきしめんを食べているT崎先生の写真を持っていたので、日本海裂頭条虫も合わせて比較してみました(クリックで拡大します)。

Hikaku

うーむ、これは鑑別が難しい・・・。
しかし無鉤条虫の方が節がはっきりとしているような気がします。
ちなみにT崎先生は写真を撮るときは険しい顔をしてますが、普段はとても陽気な先生です。

出てきた虫を患者さんが見たいというのでビンに入れて持って行くと、目を輝かせながらデジカメで写真を撮りまくってました。
いやー、これだけ喜んでいただけると駆虫した甲斐があったというものです。

さて、最後に無鉤条虫の簡単なまとめを。

無鉤条虫の成虫はヒトの腸管に寄生する大型の条虫で、幼虫である無鉤嚢虫はウシに寄生しており、ヒトはこの無鉤嚢虫を保有する牛肉を生あるいは加熱不十分な状態で経口摂取して感染します。
無鉤条虫は世界中に分布しており、アフリカ、東欧、ロシア、アジア(特に北部中国、韓国)にみられます。豆知識ですが、ヒンズー教国は牛肉を食べないので無鉤条虫は分布しないそうです。
現在国内での発症例はありませんが、ときどき本症例のように輸入例がみられるようです(日本寄生虫学会の寄生虫症薬物治療の手引きには稀ではあるが国内発症がまだある、と記載があります)。
感染しても片節排出時に肛門部不快感や違和感があるだけで、本症例のように無症状のことが多いようですが、ときに腹痛、下痢がみられることがあります。
本症例では便の虫卵検査は陰性でしたが、これは無鉤条虫の受胎片節は子宮口を持たないためであり、虫卵が便中に排泄されるのは腸管内で体節が破壊されたときのみです。
有鉤条虫との区別が重要で、有鉤条虫の片節の子宮分枝数は各側 10 前後、無鉤条虫のそれは各側 20 以上だそうです。
治療はプラジカンテルが第一選択ですが、これが無効であった場合には(名前が無鉤条虫だけに)、有鉤条虫と同様に十二指腸ゾンデを留置してガストログラフィンを注入することになります。
国立感染症研究所のY崎先生に伺ったのですが、プラジカンテルで治療をすると体節がちぎれて出てくるので、キレイに虫体を取り出したいときはガストログラフィンが良いそうです。
有鉤条虫であればプラジカンテルで虫体を破壊すると虫卵が腸管腔内に出て、さらに虫卵から六鉤幼虫が出て腸壁に侵入し、血流によって体内の各部に運ばれ有鉤嚢虫を形成するという恐ろしいことになってしまうので、ガストログラフィンでの治療が好まれます。


参考文献)
日本寄生虫学会 寄生虫症薬物治療の手引き
図説 人体寄生虫学
寄生虫学テキスト

« 「臨床感染症ブックレット 7巻  入院患者における重症・難治性感染症を診る」 | トップページ | Inoculum effectとCEZ vs CTRXについての暫定的まとめ »

感染症」カテゴリの記事

コメント

無鉤条虫でしたか。beef tape warmと習いました。有鉤条虫とセットです。食べるなら牛肉か豚肉どっちだ?と学生自分に聞かれました。今になり不勉強な学生だったと思います。

無鉤条虫の体節が活発に動くのは、中間宿主である牛は豚と違って便に汚染された食物を食べないので、牛に食べてもらうために便中から這い出て遠ざかる必要があるからと言われています。一方で、有鉤条虫の体節は無鉤条虫程は活発に動きません。
これ豆な(←言ってみたかった)。

無鉤条虫と分かったら、いくら虫をきれいに出したくても、ガストログラフィンはやめましょうね。プラジカンテルで治療失敗はほとんどありません。やっぱり患者さんにもキツい処置ですし、被爆の問題もありますので。。。
プラジカンテルを低用量(2.5-5mg/kg)で投与すると無鉤条虫でもきれいに虫が出てくると、昔の論文にあったように思います。

師匠

無鉤条虫は牛で、有鉤条虫はブタですよね。
自分もCTHの試験のときに覚えました。

∞先生

相変わらず無限大の知識をご披露いただきありがとうございます。
お礼に今度枝豆を差し上げます。

F先生

プロのコメントありがとうございます。
そうですね、ガストログラフィンはしんどそうなので基本的にはプラジカンテルでの治療が良いですよね。
僕もそう思います。はい。
低容量だときれいに出てくる、という論文は寄生虫をキレイなままに取り出したいという虫マニアならではの貴重な知見ですね。
参考にさせていただきます。

私はネパールに在住する日本人です。この記事を拝見し、相談させていただきたいのです。実はうちの住み込みのお手伝いさん(ネパール人)の4歳の娘さんがどうやら無鉤条虫に感染しているようですが、この年齢で駆虫するのは困難が伴うのではないかと思うんです。患者さんは生の水牛の肉をよく食べていたということです。ブタは食べてないそうです。念のために片節を検査して無鉤か有鉤か確かめておくつもりです。

本人は至って元気で特に症状は無いみたいですが、夜中に片節が出てくるのでかゆくて眠れなかったり、パンツに付いたりして不快という点で困っているみたいです。

私もこれが有鉤条虫だったら私達にうつるかもしれないし、こわいので強制的に駆虫させますが、どうしたものかと思っています。幼児の場合、大人と同じ方法で治療するんでしょうか?

ちなみにヒンズー教の国では牛は食べませんが、水牛は食べる(生で食べるカチョラという料理もあります)ので無鉤条虫症はここネパールでも結構多いみたいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/55343152

この記事へのトラックバック一覧です: 目で見る感染症 その2「動く虫」解答編:

« 「臨床感染症ブックレット 7巻  入院患者における重症・難治性感染症を診る」 | トップページ | Inoculum effectとCEZ vs CTRXについての暫定的まとめ »

最近のトラックバック