無料ブログはココログ

« 新感染症対応訓練 | トップページ | 二度目の海外熱帯医学研修 »

2012年7月24日 (火)

目で見る感染症 その2「動く虫」

【架空の症例】

「数日前に便から8体の虫が出てきた」という比較的インパクトのある主訴で当院を受診した中年女性。
東南アジアの某国から数ヶ月前に日本に移住してきたという。
発熱や腹部症状の訴えはない。
出てきた虫は全て数cmのものであったという。

受診時に採取した便をホジホジしてみると、便中に確かに虫体らしきものを認めた。

P1200375

生理食塩水の中に虫体を入れると、虫体は活発に運動した。
運動する虫体の動画を以下に示す。

.

診断は何か?

« 新感染症対応訓練 | トップページ | 二度目の海外熱帯医学研修 »

感染症」カテゴリの記事

コメント

蛭?

蛭・・・もはや感染症ではない領域ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/55271096

この記事へのトラックバック一覧です: 目で見る感染症 その2「動く虫」:

« 新感染症対応訓練 | トップページ | 二度目の海外熱帯医学研修 »

最近のトラックバック