無料ブログはココログ

« 市立奈良病院での2年間の総括 | トップページ | 感度と特異度からひもとく感染症診療のDecision Making »

2012年5月11日 (金)

Austrian Syndrome

都会の絵の具に染まりつつある忽那です。
Austrian Syndromeという珍しい症例を経験したので調べてみました。

・1957年にRobert Austrianによって初めて報告された、肺炎球菌による肺炎・髄膜炎・感染性心内膜炎の3つを合併した症候群である(Austrian R. Pneumococcal endocarditis, meningitis and rupture of the aortic valve. Arch Intern Med 1957; 99: 539–44.)。
・肺炎球菌性感染性心内膜炎は3次医療機関では10〜20年に1例ほど見られる(Powderly WG, Stanley Jr SL, Medoff G. Pneumococcal endocar- ditis: Report of a series and review of the literature. Rev Infect Dis. 1986;8:786-791.)。デンマークでは10年間で14例が報告されている(Lindberg J, Prag J, Schonheyder HC. Pneumococcal endocarditis is not just a disease of the past: An analysis of 16 cases diagnosed in Denmark 1986-1997. Scand J Infect Dis. 1998;30:469-472.)。アルコール依存症がリスクファクターとして知られており、急性に進行する。
・48例のAustrian Syndromeのレビューでは、中年男性、アルコール過剰摂取、免疫抑制患者がリスクファクターとして挙げられている(Gonzalez–Juanatey C, Testa A, Mayo, et al. Austrian syndrome: report of two new cases and literature review. Int J Cardiol 2006; 108: 273–5.)。
・48例のうち詳細が記載されていた症例は16例で、これらの感染性心内膜炎は全て自然弁であり、75%は大動脈弁に疣贅があった。
・この16例のうち、基礎疾患として7例がアルコール依存症、1例がHIV、1例が肝硬変があった。
・16例のうち9例は心不全を合併しており、10例は弁置換術が施行された。
・Austrian Syndromeの死亡率は20%であり、これはこれまでに報告されている肺炎球菌性感染性心内膜炎の死亡率と同等であった。
・弁置換術が行われなかった症例の死亡率が60%であったのに対し、早期に弁置換術を行った症例の死亡率は32%であったという報告がある(Velazquez C, Araji O, Barquero M. Austrian syndrome: a clinical rarity. Int J Cardio 2008; 127: e36–8.)。
・眼病変を合併することもある(Milazzo L, Marchetti G, Negri C. A case of Austrian’s syndrome with ocular involvement. Infection 1999; 27: 46–7)。

名前からしてオーストリア人に多い症候群なのかと勝手に思っていましたが、ヒトの名前なのですね。オーストリアの方、すいませんでした。
個人的には、肺炎と髄膜炎があった時点でそれ以上追求せずに早期閉鎖してしまうのがピットフォールかと思いました。
毎日しっかり身体所見を取ることの重要性を認識した一例です。

« 市立奈良病院での2年間の総括 | トップページ | 感度と特異度からひもとく感染症診療のDecision Making »

感染症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/54681198

この記事へのトラックバック一覧です: Austrian Syndrome:

« 市立奈良病院での2年間の総括 | トップページ | 感度と特異度からひもとく感染症診療のDecision Making »

最近のトラックバック