無料ブログはココログ

« 第4回なんということのないカンファレンスのお知らせ | トップページ | セフォゾプランが消えた日。 »

2012年3月28日 (水)

今日の一枚

今,定価80万円くらいする顕微鏡画像取り込みシステムのデモをしているが,なかなか満足のいく画質が得られない.
数万円のデジカメを接眼レンズに近づけて取れる写真の方が数十倍も生き生きとして,迫ってくるような迫力がある.
こうなったらオリジナルでシステムを組むか…
汎用機器ではるかに格安に作れそう.

20120327_152550

拡大像

20120327_152550_2

« 第4回なんということのないカンファレンスのお知らせ | トップページ | セフォゾプランが消えた日。 »

感染症」カテゴリの記事

コメント

あ,ちなみにこの写真は携帯電話のカメラです.
最新スマホ,恐るべし.

こ、これがスマホですか!?
これなら逆に顕微鏡画像取り込みシステムもデジカメも要らないんじゃ…
人類の発展を肌で感じました。

 こ、これは綺麗な画像ですね。スマホ、恐るべし。
 僕は未だにボタンをピチピチ押すFOMAです。妻のスマホ(FOMAを水没させて壊れたので仕方なく換えた。)をちょっと試しに使ってみましたが、ボタン操作にまごついて、僕の指は隣の液晶画面のボタンを押してしまい・・・両手がふさがるのでストレスを感じ、「僕はこのFOMAを大事に大事に使うぞー!」と、アンチ・スマホの時代遅れの化石と化しています。
 でも、この画像を見て、ちょっと「スマホっていいな。」と思いました。僕の顕微鏡の直筒部分についている顕微鏡画像をキャプチャーする画像より、断然綺麗。一生懸命ピントを合わせても、何だかちょっとピンボケなのです。
 恐るべし、スマホ。
 ちなみに、これって直接、直筒部分にカメラを接して、普通にパシャリッと撮るだけですか?露光とか細かい設定なしで自動で撮れるのですか?

 ちなみに、今さっき、試しに、昨日グラム染色をした膀胱炎の患者さんの大腸菌らしきGNR-Mを、僕のFOMAの携帯のカメラ部分を直筒部分に接眼して、撮ってみました!光量を落とし、ズームをして、はい、パシャリッ・・・ そこに写っていたのは・・・向うのほうに明るい光に見える、対物レンズの丸い形が見えるだけで、その向うのGNR-Mなんて見えやしない。自分でとって笑っちゃいました。写真をここにアップできないのが残念・・・(誰も見たくないか。)

コソ染め太郎様,三省様

デジカメは,直筒部分にあてるのではなく,普通に目で見るのと同じように接眼レンズにあてます.あてる,というか近づけます.ほどよい距離で目で見てるかのような画像がデジカメモニタに映し出されると思いますので,そこで息を止め,手の震え(振戦)を止めて一息にシャッターを切ります.
ここはかなり精神統一が必要(特に年を取ってくると振戦がひどくなるので)なところで,私は結構長く息を止めますので,時々酸欠で倒れそうになります.
この点はすでに忽那先生が指摘しているように,単焦点レンズを使用するとラクに取れます.
画質はそんなに変わらないと思います.
露光とか細かい設定は通常不要ですが,気になる場合はPCで多少補正をかけます.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/54327017

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の一枚:

« 第4回なんということのないカンファレンスのお知らせ | トップページ | セフォゾプランが消えた日。 »

最近のトラックバック