無料ブログはココログ

« 2011年9月25日 - 2011年10月1日 | トップページ | 2011年10月9日 - 2011年10月15日 »

2011年10月 7日 (金)

集まれ酵母たち!

市立奈良病院の忽那です。

前にも書きましたが、忽那が勤務する市立奈良病院は微生物検査室がないので、細菌への飢餓感を払拭するために2週間に一度奈良医大の微生物検査室にお邪魔しております。
この日は忽那にとって、クラピカで言うところのエンペラータイムです。

さて、今週は血液培養でクリプトコッカスが生えてきた検体があったので、それを染めさせていただきました。

Crypt

おお・・・悪魔くんの百目を思い出しました。
キモカワユスですね。

ちょうど同時期にカンジダ血症の症例が続いていたということで、C. glabrataとC. albicansも一緒に染めてみました。

Albicans

Glabrata

glabrataは仮性菌糸を出さないのが特徴です。
というわけで、上がalbicansで下がglabrataです。

Photo

こうしてみるとクリプトコッカスは丸っこいです。
次にこれら酵母たちを墨汁染色で比較してみることにしました。

まずはクリプトコッカスから。

100a

ギザカワユス!
莢膜がオシャレです。
まるで周りにオーラを纏っているような感じです。これはハンターハンターで言うところの「円」をしている状態ですね。
この円の中に入るとかなり危険です。
エンペラータイム状態の忽那といえども、容易には近づきがたい状態です。

そして次はalbicansです。

Albicans_2

分かりにくいと思いますので注釈付きです。
莢膜がないのでかなり見つけづらいです。ハンターハンターで言うところの「絶」の状態です。
そして最後にglabrata。

Glabrata_2

菌糸もないので、こうなると何がなんだか・・・。
かなり難易度高いッス。
酵母たちを墨汁染色で比較してみるとこんな感じです。

Photo_2

まあカンジダを墨汁染色する意義はないと思いますので、あくまで趣味ということで・・・。

2011年10月 3日 (月)

感染症診療 Pro & Con

26409_2市立奈良病院の忽那と申します。
突然のカキコ失礼します。
このたび『感染症診療 Pro&Con』という医学書が出ておりますので宣伝させていただいてよろしいでしょうか。
管理人様、不適切であればお手数ですが削除をよろしくお願いいたします。

「Pro Con」とは言うまでもなく「プロ根性」の意味でして、本書籍は感染症医のプロ根性について書かれた本です。
私が担当させていただいたのは「痰が取れない・・・?だったら喉頭鏡で喉頭展開してから吸引してやるぜ!」の項です。

というのは冗談で、感染症診療に関するコントラバーシャルな領域について「Pro:賛成」と「Con:反対」に分かれて激論するという熱い内容です。
「CRPを使う、使わない」「市中肺炎の原因菌診断に血液培養は必要である、必要ではない」など、かなり一般的なテーマについて書かれています。
忽那と管理人も「グラム染色」の項を書かせていただいておりますが、1年くらい前に書いた原稿でして、今自分で読み返してみると「うーん・・・」と思ってしまうんですが、まあテーマがテーマだけに凡庸な内容になってしまうのも仕方ないのでしょうか。
他の項はとても面白いので是非ご覧ください。

« 2011年9月25日 - 2011年10月1日 | トップページ | 2011年10月9日 - 2011年10月15日 »

最近のトラックバック