無料ブログはココログ

« 2011年1月16日 - 2011年1月22日 | トップページ | 2011年1月30日 - 2011年2月5日 »

2011年1月27日 (木)

うどんCT

2

市立奈良病院の忽那です。
突然ですが、上のCT写真をご覧ください。

胃の中に何か写っています。
高吸収域の線状陰影ですが、なんだかグルグルしています。

初めてこれを見たときは「ギャーーーーー!寄生虫だーーー!!」と悲鳴をあげたのですが、ちょうどそのとき香川大の救命センターから研修に来ていた先生が隣にいて、「ああ、うどんやでコレ」と教えてくれました。
香川の救命センターではかなりコモンな所見だそうです。
恐るべし、香川県民!

そしてこの所見を見た香川の先生は「ああ・・・うどん食べたい」とつぶやいていました。
胃で消化されているCT所見で食欲を催すとは・・・。
恐るべし、βラクタマーゼ!(すいません、言いたかっただけです)

しかし、なぜうどんが高吸収域になるのでしょうか。
炭水化物のせいでしょうか。
お好み焼きでも高吸収域になるのでしょうか。
広島で救急をされている先生にぜひとも教えていただきたいのですが・・・。

他の麺類についても気になります。
蕎麦や素麺ではどうなのか。
ラーメンやスパゲティではどうなのか。
PubMedで調べてみましたが残念ながら分かりませんでした。
もしうどんだけが高吸収域になるのであればこれはすごいことです。
うどんを利用してなにか造影検査的なことができるかもしれません(すいません思いつきで言ってるだけです)。

我々がうどんを食べるとき、麺にコシがある、ない、ということを表現しますが、そのコシによってCTの吸収度が違ったりするとさらに興味深いですね。
放射線科の先生に見ていただくと「うーん、このうどんの吸収度からすると稲庭うどんだな」とか分かったりするのかもしれません。
あるいはAi(オートプシーイメージング)などでも「このうどんの所見から、患者は死亡して2時間経過している」など分かったりするかもしれません。
僕が調べた範囲では、そのような知見に関する論文は見つかりませんでした。
今後の検討が期待されます。

関係ありませんが医中誌で「うどん王国讃岐における透析患者の実際 日本透析医学会雑誌(1340-3451)39巻Suppl.1 Page924(2006.05)」という会議録が見つかりました。
すごいタイトルです。
恐るべし、香川県民。
皆様からのうどんCTの情報、お待ちしております。

ID-conferenceでは、感染症についてためになる情報の発信を心がけております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2011年1月26日 (水)

Evernote、使ってますか?

私の医局ではとうとうK浪先生も自炊に目覚めたみたいで、日々蔵書を切り刻んでいるようです。O川先生もデジモノには色々とこだわりがあるみたいで机の上にはスキャナが乗っており、独自のネットワーク環境を築いているようです。
ICT、とくにICNのM浦さんとの情報共有体制も着々と進んでおり、医局PCの共有フォルダに全ての感染対策関連のデータを入れ、お互いの部屋のPCからネットワーク経由で閲覧できるようにしています。いま取り組んでいるベッドパンウォッシャー関係のカタログや書類もいつでも見れますし、外出先からアクセスすれば、本日のアウトブレイク状況などの資料も見れます。先日ICTルームにもスキャナを購入して頂くようお願いしました。ICT/ICCなどの委員会資料も、委員会終了後、PDFにして格納しています。まあ便利なものは皆さんいいように使って頂くとよろしいかと思います。

本題ですが、Evernote、皆さん使ってますか?こないだ東京の研究会に出席した時、隣の人がおもむろにipadを取り出し、外付けのキーボードをつけてevernoteにメモを取っていました。「さすが、東京は進んでるべなぁ」と思いながら見ていたわけですが、まあそれだったらipadでなく、ノートパソコンでいいようにも思いましたが。

最近Evernoteは文献整理に一役買っています。タグ、をつけれるのが素晴らしい。一つの論文があったとしても、CDCのガイドラインとして位置づけたい時もあるし、今度の研究会の引用文献として位置づけたい時もあるし、今度の論文執筆の引用文献として位置づけたい時もあります。今までの「フォルダ式」だと、全てのフォルダに同じPDFファイルを置くか、いちいちショートカットを作るかしてたわけですが、evernoteだとその辺が見事に解決されます。

一方、大きな欠点は論文執筆の際の引用の時に生じます。50も60も引用文献があるといちいち手打ちするのは無理です。これはendnoteが素晴らしい。従って、私はまず文献自体はendnoteに入れ、PDFファイルはevernoteに入れる、と一手間かけています。また、Adobe acrobatだとアノテーションをつけれないPDFファイルが時々ありますが、PDF-XChange viewerなどだとアノテーションをつけれます。この辺も適当に使い分けています。

Evernoteに「全てを記録する」ことが私にはできません(向いてないのかも)。頭の構造が基本的には「フォルダ式」になっているので、基本はフォルダを活用しています。私の持っているアンドロイド携帯からはDrobpoxを利用してフォルダとその中のファイルを閲覧できるので、特に問題はありません。でもフォルダとevernoteを中途半端に使い分けると結局どっちに置いたか分からないときがあるので逆に非効率ですね。

皆さんは、evernote、使ってますか?

« 2011年1月16日 - 2011年1月22日 | トップページ | 2011年1月30日 - 2011年2月5日 »

最近のトラックバック