無料ブログはココログ

« 2011年7月24日 - 2011年7月30日 | トップページ | 2011年8月7日 - 2011年8月13日 »

2011年8月 6日 (土)

Candida

どうも、
「駆け出し」なのに「少なくとも1年目っぽくはないよね」と言われる、
研修医の小林です( ̄ー ̄)ニヤリ
 
 
現在、うちのボスがIDATENの夏セミナーに出かけていて不在のため、
「なんで血培が1セットなの!?それじゃ、ただの瀉血じゃないか!!」
などと怒られる心配もなく、のほほーんと患者さんを診ております。
 
 
そーいえば、
先日、担当の患者さんがちょろちょろと熱が出てきたので、いつも通り「3種の神器」こと
①胸部X線撮影
②血液培養2セット
③尿検査

に加えて、
まぁ、ついでにやっとくか。。。と「尿のGram染色」「喀痰のGram染色」をやっとりました。

その患者さんはバルーンカテーテルが留置されていたので、真っ先にそこから疑った訳ですが。。。
 
 
そこで見つけたのがこれ。
P7260020
 
P7260022_2
 
ご覧の通りCandidaっぽい酵母が、、、あんまり白血球はいなかったんですが。

それでも、ここまでやったら、ボスにもほめられるはずさ( ̄ー+ ̄)と、
ボスに報告

「先生、患者さんの尿から、こんなん出たんですけど・・・。熱発の原因ってこれですかね?Candidaっぽいですけど、抗真菌薬かましますか?」
と聞くと、一蹴されました(;ω;)
「カンジダ性腎盂腎炎って聞いたことある?ないでしょ?あんまりないんだよ。」
と。。。


ちなみに、そのときの尿検査の結果は「WBC+-、細菌2+、真菌2+、酵母3+、粘液糸+」とまあ、こんな感じで。ほんとに細菌がいるのか?という感じではあったんですが、、、

実際には喀痰から別の原因が見つかって、抗生剤を投与していくと、良くなっていった訳です。

P7210035
 
 
さてさて、その数日後。
いよいよ尿の色がおかしい!!と看護師さんに呼び出されまして。。。
お、今度こそか!?
と、思って「尿検査三種盛り」こと
尿検査
尿培養
尿Gram染色

をやってやりました。

するとΣ( ̄ロ ̄lll)

P7300071
 
P7300074

これを見る度に、背筋がゾクッとするのは、僕だけでしょうか?


結局、尿検査では「白血球3+、真菌2+、酵母3+」
とはいえ、熱発もなければ、WBCの変動も無く、症状も無いので、経過観察となりました。

後に帰ってきた尿培養結果は、やはりCandida albicansでした(v^ー゜)ヤッタネ!!


さてさて、Candida尿というのは、バルーン入っている患者さんでは良くあることらしく、
1つ上の先輩研修医に聞いたところ、、、
「うん、よく見るけど、気にしたこと無いなぁ。だって、勝手に治るもん。」
とのことで、、、

こうなったら、いつものUpToDateさんですよ。

INTRODUCTION — Funguria is common in hospitalized patients, and is generally benign. Invasive infection of the kidney is unusual, and is difficult to treat. The vast majority of fungal infections of the kidney and bladder result from Candida albicans and other Candida species. A variety of other fungi can rarely involve the kidney as a result of disseminated infection. These include:
- Aspergillus species
- Fusarium species
- Trichosporon species
- Mucorales (eg, Rhizopus, Mucor species) Dematiaceous molds
- Cryptococcus neoformans
- Dimorphic fungi (eg, Histoplasma capsulatum, Coccidioides species, Blastomyces dermatitidis, Paracoccidioides brasiliensis, Sporothrix schenckii, and Penicillium marneffei)

ふむふむ、やはり良くあることなんだな、と。腎臓に行くとヤバいのか、と。

RISK FACTORS — A prospective multicenter surveillance study evaluated 861 hospitalized patients with candiduria [4]. Candida albicans was found in 52 percent of these patients and Candida glabrata in 16 percent. The following risk factors were noted: urinary tract drainage devices (83 percent); prior antibiotic therapy (90 percent); diabetes (39 percent); urinary tract pathology (38 percent) and malignancy (22 percent). Only 11 percent had no underlying predisposing factors for funguria. Urinary tract infections associated with drainage devices, diabetes, or urinary tract abnormalities are considered complicated.

Candida albicans → 52%
Candida glabrata → 16%
さらに、Risk Factorとして、
バルーンが83%!!!Σ( ̄ロ ̄lll)
てか、それ以上に「先行する抗生剤投与」が90%!!!アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

びっくりです。
ただ、感染なのかコロナイゼーションなのかの区別は難しいらしいです。

INFECTION VERSUS COLONIZATION — Most patients with candiduria are asymptomatic, and the yeasts merely represent colonization [3]. However, it is difficult to differentiate between colonization and bladder infection.
- Infected patients may have dysuria, frequency, and suprapubic discomfort, but others have no symptoms [4].
- Pyuria is so common in patients with a chronic indwelling bladder catheter that it cannot be used to indicate infection. (See "Urinary tract infection associated with urethral catheters".)
- Neither the presence of pseudohyphae in the urine nor the number of colonies growing in culture (unlike bacterial urine cultures) help to distinguish colonization from infection.

このGram染色見たら、仮性菌糸pseudohyphae 出まくってる気がするんすけど・・・。


で、治療するのか、しないのか、という話ですが、、、

Asymptomatic candiduria — Asymptomatic candiduria rarely requires antifungal therapy, unless it occurs in the setting of neutropenia, low birth-weight neonates, or urinary tract manipulation [14]. Renal transplantation is no longer an absolute indication for treatment of asymptomatic candiduria, but therapy can be considered on a case-by-case basis [7]. Imaging of the urinary system should be considered in patients who have persistent candiduria and who may be at increased risk for formation of fungus balls. This includes diabetics, those who have other urologic abnormalities that may predispose to fungus ball formation, and neonates [14].

Symptomatic candiduria — Symptomatic candiduria should always be treated. Treatment of candiduria should be tailored according to the identified Candida species and according to whether localized or disseminated infection is present. For patients with candiduria with suspected disseminated candidiasis, treatment should be chosen according to the recommendations for systemic infection. (See "Treatment of candidemia and invasive candidiasis in adults".)
Several agents are available for antifungal therapy for localized bladder or kidney infections. The treatment of fungus balls is discussed below. (See 'Fungus balls' below.)

Treatment_of_candidasis


UpToDateさんにはこんな“感じだ”と書いてありました。。。

2011年8月 3日 (水)

第1回 なんくるないさ~症例検討会のお知らせ

若い、紙一重の奴らの投稿を苦々しく見つつ、行きすぎた写真をこっそり削除している管理人です(冗談)。
さて、そんな紙一重の我々ですが、このまほろばの地で自腹で集い、症例検討会(およびその後の飲み会)を開催することになりました。
まあ西医体で言えばまだ交流戦というところです。
この企画は、まだ明かされてはいませんが、来年2月頃の奈良を舞台にした BIG PROJECT (まあその前に感染症学会と化学療法学会の合同学会が11月に盛大に開催されるわけですが)の布石ともいうことができます。今回は参加されませんが、他にも奈良に足をおいて日々県内外での多忙なお仕事が忙しい某先生もいずれ参加を表明していらっしゃいます。
というわけで前置きが長くなりましたが告知です。
Flyer_3 さて、これに乗じてですが、奈良医大感染症センターでは来年度の後期研修医を募集しております。こんなにとんがった奴らのいる職場でビンビンに刺激を受けて働きたくありませんか?(ブログ参照)
 ご興味のある方はまずは見学から。見学専門チャンネル0744-22-3051(内線3525)にお電話を頂くか、見学専門e-mailであるkassan@naramed-u.ac.jpまでご連絡下さい。まってるよ!

2011年7月31日 (日)

手足口病による爪甲脱落症(の可能性あり)

忽那@市立奈良病院です。

なんかウチの研修医小林がいきなりこのブログに記事を投稿しててビックリしたんですけども。
僕が投稿できるようになるまで3年もの下積み期間を経てようやく投稿権を得たのに対し、医者になって3ヶ月ほどの研修医がこの伝統と権威あるID-CONFERENCEに投稿するなんて・・・なんか悔しい!(ハンカチ噛み噛み)
しかもこれからは小林よりも面白い内容を書かなければならないと思うとプレッシャーです。
イキの良い若手芸人が登場して、出番が奪われるんじゃないかビクビクしている中堅芸人の心境です。
まさか、コレも管理人の企みなのでしょうか・・・。

さて、手足口病が大流行しています。
ウチの娘2人もご多分にもれず手足口病に罹りました。
我が家は流行の最先端を行ってますので、先月の次点ですでに手足口病にかかってました。
無事に快復して今は元気にプリキュアを観ています。

Photo_3 Photo_4
■かわいい次女の手足(6月中旬)

今週のIDWR(2011年第28週;7月11日~7月17日)のグラフを見ると、とんでもないことになっています。

Photo
■IDWR第13巻第28号より

このグラフを見て管理人は「流行する→ウワサになる→その目で見る→よけいに報告例​が増える」という報告バイアスも関与しているのでは、と言ってましたがそれにしても例年に比べて突出してます。
で、私がIDWRの記事で気になったのが以下のところです。

ヨーロッパでは最近、CA6の感染によって手足口病を発症し、治癒してから数週間経過した 後に、爪甲が爪床から浮き上がって剥離・脱落する症例(爪甲脱落症)の多発が、小児及び成 人で報告されている。一方、本年のわが国の手足口病発症例においても、爪甲脱落症が疑われる例が報告されてきており、今後手足口病の流行が終息した後も 本症例について留意する必要がある。

そういえば、なんかウチの娘たちもこないだ爪が変だとか言ってたなあ・・・と思ってもう一度娘の爪を見てみると、

Photo_2
■かわいい長女(4歳)の爪

Photo_5
■かわいい次女(2歳)の爪

すわ!
これは手足口病による爪甲脱落症では!

ま、まさか2人とも父のためにブログのネタを提供してくれたのでは・・・。
なんて良い子たちなのでしょう。
まるで若手芸人(小林)の勢いに押されて仕事がなくなってきた中堅芸人(忽那)を支える家族のような優しさ・・・。
パパ、頑張るからね・・・。
まあホントに手足口病による爪甲脱落症かどうかは分からないんですが。

というわけで、この週末は家族サービスということで淡路島にコアラを見に行ってきました。
普段はお寺にしか連れて行ってないので大変喜んでおりました。

P1170579

« 2011年7月24日 - 2011年7月30日 | トップページ | 2011年8月7日 - 2011年8月13日 »

最近のトラックバック