無料ブログはココログ

« 2011年3月27日 - 2011年4月2日 | トップページ | 2011年4月10日 - 2011年4月16日 »

2011年4月 9日 (土)

女川の現状③女川町の被害状況

市立奈良病院の忽那です。
女川より帰ってまいりました。
数回に分けてあちらでの活動を報告したいと思います。

Photo

女川町は宮城県の東部の牡鹿半島にある町で、被災前の人口は約1万人。
産業は漁業や水産加工業が中心であり、原子力発電所があることでも有名です(先日の余震で汚染水が漏れたそうで心配です)。

20110409_94632

地図のように町の中心は女川港に面した平野部に集中しており、今回の津波で壊滅的な被害を受けました。
女川町立病院は海抜16Mの高台に建設されたため、津波前には多くの住民が女川町立病院に逃げてきたそうです。
しかし津波は女川町立病院の1階まで届き、1階は全く使えない状態となり病院機能は著しく低下しました。


019002

とにかく誰もが言葉を失うような壊滅的な状態です。現地に入った我々もただただ呆然とするのみでした。

P1110854
電車も引きちぎられ、墓場の上に打ち上げられています。

P1000093

車がビルの上に・・・

P1110897
地震による地盤沈下で満潮時には平野部にまで海が押し寄せてくるようになっています。

以下はYouTubeにアップされている津波後の女川町の様子です。


津波の動画もありました。
まさに天変地異です。

« 2011年3月27日 - 2011年4月2日 | トップページ | 2011年4月10日 - 2011年4月16日 »

最近のトラックバック