無料ブログはココログ

« 帯状疱疹と水痘ワクチン | トップページ | まほろば観光名所シリーズ②奈良の紅葉 »

2011年11月11日 (金)

本日は埼玉県薬剤師講習会でお話をさせていただきました

ご参加いただいた皆様、まことにありがとうございました。

最近よくあるパターンのご依頼は(私が無理矢理そういう風にねじ曲げてるのかもしれませんが)、「薬剤師の方々に微生物検査を知っていただく」というコンテンツです。これはもちろん微生物検査技師さんの方が適任だとは思うのですが、まあいろんな事情で私がさせていただくことも多いです。

臨床微生物検査を日常感染症診療にどのように利用するか、というのは私の数年来のテーマでして、最近の自分のスライドをみると、数年前からずいぶん変わったな(継ぎ足し継ぎ足しで熟成されてきている)と思います。なかでもニトロセフィン法やオキシダーゼテスト、コアグラーゼテストなどの簡易なテストを動画で見せるようにしたり、ペプチドグリカンの合成におけるPBPの作用とβラクタム系薬の作用をアニメーションで見せるようにしたり、かなり凝ってきています。

私にしたらこの話は実は年間100回くらいはやってるんじゃないか(主に学内の学生・研修医に:多いときは1日3回したこともあります)、という得意中の得意の話なので、いくらでもできます。

しかし、最近気づいたことが一つあります。ストーリーとしてはペニシリン系薬を中心に展開していく話なんですが、一通りの話をするのに60分前後かかります。通常の講演時間だとこれで終わってしまうんですね。本当は、「セフェム系編」「カルバペネム系編」「嫌気性菌編」「真菌編」「ウイルス編」と発展させたいんですが、最初の第1話を聞いてもらわないと、第2話以降が入りづらいドラマのような形態をとっているので、今後はこのあたりの計画性をどうするか考えないといけないなぁ、と思っています。

例えば講演をお受けするときは、「2回セットにする」とかかな。2回目は1回目を受けた人だけ基本的に参加するようにしてください、みたいな。

最近作成したこのフローチャート、自分ではなかなか使えるかな、と思っているんですが、間違ってるところやここをこうした方が良い、というアドバイスなどがあれば是非お願いします。

Photo_5

« 帯状疱疹と水痘ワクチン | トップページ | まほろば観光名所シリーズ②奈良の紅葉 »

ただの日記」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
Oxidase +、ブドウ糖発酵にPlesiomonasくんも入れてあげてください!

コメントありがとうございます.
Plesiomonas,入れました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/53221715

この記事へのトラックバック一覧です: 本日は埼玉県薬剤師講習会でお話をさせていただきました:

« 帯状疱疹と水痘ワクチン | トップページ | まほろば観光名所シリーズ②奈良の紅葉 »

最近のトラックバック