無料ブログはココログ

« まほろば観光名所シリーズ①本薬師寺跡のホテイアオイ | トップページ | HSV-1の口腔感染症まとめ »

2011年9月14日 (水)

Certificate in Travel Health™への道①勉強資料準備編

市立奈良病院の忽那です。
青木先生のブログを見ていたら、Certificate in Travel Health™のことが書かれていました。
完全に忘れていましたが、そう言えば僕も次回は受けようと思っていたんでした。
むしろ「回帰熱の一発屋」としてはCTHは欠かせないマストアイテムではないでしょうか。
CTHがあってこそ回帰熱が輝いてくる・・・そうだ、来年こそは受けなくては!

ちなみにCertificate in Travel Health™は国際旅行医学会(ISTM)が毎年行っている試験で、
合格者には「名誉」がプレゼントされるという素敵な試験です。
おそらく給料が増えることは100%ないでしょう。
でも自分の肩書きに「Certificate in Travel Health™」って加わったらすごい仕事ができそうな感じでカッコよくないですか。
モテモテっぽくないですか。
そういう不純な動機で来年は受験しようと思います。

えーと、ISTMのサイトによると来年の試験は2011年5月2日か・・・。
もうあと9ヶ月しかないじゃないか!

というわけで、さっそく勉強を始めることにします。
こういうのは思い立ったときに始めないといつまで経ってもやりませんから。

まず勉強する前に、どうやって勉強すれば良いのかを勉強することにします。
こういうことはやはり先人たちに学ぶべし、ということですでに受験された方々のレポートがいくつか見つかりました。

■今にも落ちて来そうな空の下で
ISTMの試験@ブダペスト

■呼吸器内科医がアジアをめざすブログ
ISTM認定試験 その①

■ポスト米国臨床留学の道 - 日本帰国編
Certificate in Travel Medicine

■世田谷千歳船橋小児科:かるがもクリニックのブログ
ISTMのCTM(国際渡航医学会の試験)⇒勉強編

ふんふん・・・な〜る。
Keystone、MCQs、Yellow Bookか・・・。
フッフッフ・・・こんなこともあろうかと、すでに買っておりました!(読んでないけど)

Img_1294

Yellow Bookの2012年度版も現在注文しているところです。
HunterもPlotkinもあるし、勉強の準備だけは万端だな・・・(何でも形から入るタイプ&買って満足するタイプ)。
よし、とりあえず勉強資料を用意したということで、今日のところはこの辺にしておいてやるか・・・。
まあこのID-CONFERENCEで「受験します」と宣言することで後には引けないように自分を追い込むのがこのエントリーの目的ですので、これだけアピールしておけば勉強はたぶん自発的にするでしょう・・・(するかな・・・)。
他にも「オレも受験するぜ!」と自分を追い込みたい方がいらっしゃいましたら、ぜひともこのエントリーに「受験するぜコメント」をお願いいたします。

« まほろば観光名所シリーズ①本薬師寺跡のホテイアオイ | トップページ | HSV-1の口腔感染症まとめ »

感染症」カテゴリの記事

コメント

もう申し込みはされたのでしょうか?
続編を楽しみにしています。

結果が如何でしたか?来年がんばります。

ありがとうございます。
本日結果が帰ってきましたのでまたご報告いたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/52710624

この記事へのトラックバック一覧です: Certificate in Travel Health™への道①勉強資料準備編:

« まほろば観光名所シリーズ①本薬師寺跡のホテイアオイ | トップページ | HSV-1の口腔感染症まとめ »

最近のトラックバック