無料ブログはココログ

« 院内でバンコマイシンを測ろう | トップページ | 第1回なんということのない症例検討会終了! »

2011年8月17日 (水)

血液培養コメント教室 その2 回答編

皆様コメントありがとうございます。ID conferenceは、「読者の皆様方のディスカッション」を大切にします。すなわち、管理人が読者のコメントに全て答える、という形をとらず、読者 to 読者のディスカッションを大切にしたいと思っています(いま思いつきました)。ので、ご遠慮なく盛り上がってください。それでは回答編です。

◎月◎日に採取された血液培養2セットのうち、1本の嫌気ボトルのみからグラム陽性桿菌が培養20時間で陽性になりました。

菌体は比較的大きめで、Clostridium属やBacillus属、Lactobacillus属などの可能性があります。

Clostridium属だと真の原因微生物の可能性がありますが、Bacillus属だとコンタミネーション(血培採取時の汚染)の可能性もあります。発熱が持続しているなど、感染が持続している可能性があれば、血液培養を再度採取されてはいかがでしょうか?
(←今回のケースでは血培再検が大事なメッセージだと思います)

現時点で抗菌薬の選択について確かなことを申し上げるのは困難ですが、Clostridium属ですと比較的感受性の良いものが多いと思われます(C. perfringensなど)。一方Bacillus属が真の原因菌ですと、バンコマイシンなどを用いる必要があります。状況によってご相談いただければ幸いです。
(←この辺は、患者の状態がある程度分かればもう少しspecificな推奨ができるかもしれません)

培養結果は◎◎頃、感受性結果は△△頃に出ると思います。
ご質問、お問い合わせなどは感染症センター☐☐までご連絡ください。

結果は、Bacillus属でした。

※コンタミネーションは様々な形で起こりえますので、1本、しかも嫌気ボトルでかつ時間も早いからコンタミでないとは必ずしもいえません。このボトルの蓋が超汚染されていた場合などでは今回のような現象も起こりうると思います。

« 院内でバンコマイシンを測ろう | トップページ | 第1回なんということのない症例検討会終了! »

感染症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/52499864

この記事へのトラックバック一覧です: 血液培養コメント教室 その2 回答編:

« 院内でバンコマイシンを測ろう | トップページ | 第1回なんということのない症例検討会終了! »

最近のトラックバック