無料ブログはココログ

« Nobody Can Stop 小林 | トップページ | 手足口病による爪甲脱落症(の可能性あり) »

2011年7月30日 (土)

母校に帰ってきました!!

どうも、「誰も俺を止められないぜ!!エグザイル・ハイテンション・ボーイ」こと小林ですm(_ _)m

我ながら、どんなキャッチフレーズなんだ。。。と思いますがε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

 

 

 

今回から、うちのボスの忽那先生の、これまたボスの笠原大先生にお許しを頂き、このブログをちょっこと書かせていただくことになりました。

押忍!!

 

 

 

さて、初めに何を書くか・・・

あ、そうそう先日、ボスのボスのもとへ研修に行ったことについて書きましょう!!

 

 

 

何を隠そう、去年まで奈良の医大にいましたから( ̄ー+ ̄)

 

 

 

医大の微生物検査室でGram染色して、顕微鏡を覗き続けること5時間。

背後から、声がしました。

「え~、これってほんま!?」

「何がですか!?」と、振り返ると、検査技師さんがこんなものを。。。

Img_0429_2

で、でたぁ!!!!!!!!!!!!Σ(゚д゚;)

 

れ、レジオネラ・・・ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

 

 

あの低Na血症とかなるやつですか?

神経症状とか出るやつですか?

さっそく手持ちのiPhoneを使って、UpToDateをチェック!!

ちなみに、(自慢ですが、)個人購読してます。

 

 

UpToDateには、Legionellaの症状と発生頻度はこう書いてあります。

• Cough — 41 to 92 percent

• Chills — 42 to 77 percent

• Fever >38.8ºC — 88 to 90 percent

                >40ºC — 20 to 62 percent

• Dyspnea — 25 to 62 percent

• Headache — 40 to 48 percent

• Myalgia/arthralgia — 20 to 40 percent

• Diarrhea — 21 to 50 percent

• Nausea/vomiting — 8 to 49 percent

• Neurologic abnormalities — 4 to 53 percent

• Chest pain — 13 to 35 percent

 

 

 

さらに、Legionellaを疑う所見としては、

• Presence of gastrointestinal symptoms, especially diarrhea

• Neurologic findings, especially confusion

• Fever >39ºC

• The Gram stain of respiratory secretions shows many neutrophils, but few, if any, microorganisms

• Hyponatremia

• Hepatic dysfunction

• Hematuria

• Failure to respond to beta-lactam and/or aminoglycoside antibiotics

 

 

 

市立奈良のグラセン野郎こと小林としてはがっかり。

「痰をとって来ても、Gram染色でほとんど見えないか見つからない」だと!?

 

 

 

その患者さんの痰が、これ。

Img_0434

漿液性で血性混じり

これをGram染色すると。。。

 

 

 

なんと!!!

 

ナント!!!!!!

 

南都!!!!!!!!!!!(奈良だけに)

 

 

見えませんでした(。>0<。)

 

 

 

なので、一応、ポスターに貼ってあったGram染色写真をUpします。

Img_0443

 

そのあと、ヒメネス染色もやりました。

すると、

 

 

なんと!!!

 

ナント!!!!!!

 

南砺!!!!!!!!!!!(これは富山県らしいです)

 

見えませんでした。。。

 

本当はこんな感じになるそうです。

Img_0444

 

 

 

うちのボスこと忽那は

「見えた、見えたよ、小林君!!」

と、小学生張りにはしゃいでましたが、

学生時代、病理のスケッチ実習で培った心眼をもってしても、見えませんでした。

 

ちなみに、うちのボスは自慢のLumix GF1に収めてましたので、見せてもらってください。

見えませんから!!!

 

この患者の検体をこの2つの培地に塗ります。

Img_0448 Img_0449

生えるまで2週間ぐらいかかるとのことでした。

 


さぁて、、明日はどんな感染症に出会うのやら。。。

 

「今回のブログ」とかけまして、

「スーパーを襲った強盗」と解きます

その心は、

「レジを狙(Legionella)ってます」

 

お後がよろしいようで。。。(◎´∀`)ノ

 

« Nobody Can Stop 小林 | トップページ | 手足口病による爪甲脱落症(の可能性あり) »

奈良医大感染症センター」カテゴリの記事

コメント

若さが暴走してるな・・・。

くつな先生の1ファンの横浜のともこ です。
うちの病院にはヒメネス染色がないので、うらやましいです・・・。レジオネラは狙ってもなかなか出会わないですよね・・・。そんなときは ”ふん。たぶんレジオネラだろうけど、きっとType2なんだわ!” と玄人ぶってすかしてます。

>くつな先生
  その通りですね、、、

>ともこ先生
  医大でも、ヒメネス染色は消費期限切れの試薬しかなく、ちゃんと使えるのかどうかも微妙な状態の物しかなかったです。レジオネラってどれくらいの頻度で出てくるもんなんでしょうか?医大の技師さんも、「こんなん初めて!」っておっしゃってましたし。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/52342295

この記事へのトラックバック一覧です: 母校に帰ってきました!!:

« Nobody Can Stop 小林 | トップページ | 手足口病による爪甲脱落症(の可能性あり) »

最近のトラックバック