無料ブログはココログ

« グラム染色マラソン | トップページ | Kansen Journalのご紹介 »

2011年6月 2日 (木)

IDATENインタラクティブケースカンファレンス

東大寺の近くに住んでいる忽那です。
豆知識ですが、東大寺の大仏は天然痘の根絶を願って建造されたそうです。先日参加したトラベラーズワクチン講習会で知りました。

さて、来たる6月11日(土)13時30分よりIDATENインタラクティブケースカンファレンスが開催されます。

Photo

なんと僕も初参加で症例発表させていただきます。
「どうせ回帰熱だろ・・・いつまでもそのネタで引っ張りやがって、この感染症界の一発屋め!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ここは敢えて非回帰熱症例(non-relapsing fever)で勝負します。

一人で発表するのが心細いので当ブログ管理人先生に「スーパーバイザーになってください!」とお願いしたら「いや、全然関与してない症例だし・・・」とスルーされました。
まあ僕もスーパーバイザーって何のことかよく分かってなくてお願いしたんですが(正直なところ「スーパーアドバイザー」かと思ってました)。

というわけで、当日は皆さまお手やわらかにお願いいたします。

« グラム染色マラソン | トップページ | Kansen Journalのご紹介 »

感染症」カテゴリの記事

コメント

スーパーバイザー:監督・管理・監修を担当する人物

スーパーアドバイザー:超越したアドバイスを送る助言者

2つとも合成語のようですね。

スーパーのアドバイザー:スーパーマーケットの経営コンサルタント

バドワイザー:ビールの名称。
バドガール:バドワイザーの柄を大きくデザインしたワンピースの衣装を着用した女性。

妄想を繰り返してますが。本題に

調度前日別の会議て東京なので行きたいと思いましたが家族会議です。
先生の症例も聞きたいですが、ポスターで神秘的だったのは症例3の方の名前。漢字で6文字とは凄いです。私なんか平仮名で6文字ですので羨ましく思います。余談ですいません。

師匠

バドガールについてのためになるコメントありがとうございます。
当日、小児の症例3の先生にお会いしたら、師匠が羨ましがっていました、とお伝えしておきます。

いや、僕の事など知らないと思うので変人扱いされますよ。土曜日、セミナー行くことにしましたので楽しみにしてます。バドガールもそうですがフーターズに行きたい今日この頃です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/51838797

この記事へのトラックバック一覧です: IDATENインタラクティブケースカンファレンス:

« グラム染色マラソン | トップページ | Kansen Journalのご紹介 »

最近のトラックバック