無料ブログはココログ

« 女川の現状① | トップページ | 女川の現状③女川町の被害状況 »

2011年4月 2日 (土)

女川の現状②震災後は犬咬傷が増える?

くつな@女川町立病院です。 災害時には犬咬傷が増える。 そんな話が女川ではまことしやかに囁かれています。 今日だけで4人の患者さんが犬咬傷で受診されました。 これは女川町の津波による被害後の人口を考えると、かなり多い数です。 医療支援に来ている医師でディスカッションしたところ、 1.地震と津波によって縄張りが乱れた 2.飼い犬とはぐれたせいで食糧の供給が途絶えた などの理由から犬達もだいぶ荒れているのではないかとの結論が出ました。 与太話ですのでホントかどうかは分かりません。

« 女川の現状① | トップページ | 女川の現状③女川町の被害状況 »

ただの日記」カテゴリの記事

ただの日記」カテゴリの記事

ただの日記」カテゴリの記事

コメント

被災して飼い主とはぐれた犬が野犬化してるそうですね。狂犬病は(多分)大丈夫と思いますが、破傷風などに注意が必要ですね。そして先生自身も気をつけてください。

なぜ管理人に元が付いているのか気になりますが、ご心配ありがとうございます。
無事に帰ってまいりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/51281989

この記事へのトラックバック一覧です: 女川の現状②震災後は犬咬傷が増える?:

« 女川の現状① | トップページ | 女川の現状③女川町の被害状況 »

最近のトラックバック