無料ブログはココログ

« 女川の現状⑥外来診療 | トップページ | 第85回 日本感染症学会 »

2011年4月19日 (火)

女川の現状⑦まとめ

本日も市立奈良病院の忽那がお送りしております。
女川の現状、と言いつつもうすでに時間が経ち過去の話になっていますが・・・。

さて、僕もよく知らなかったのですが、市立奈良病院は地域医療振興協会という協会が管理している病院だそうで、協会からの派遣による医療支援という形で私も女川に行ってまいりました。
で、その地域医療振興協会が作成した女川町立病院の医療支援のビデオがありましたので転載させていただきます。
そういえばちょうど我々が女川にいるときに現地に撮影に来られていました。
よくまとまっている動画ですし、はじめからこの動画だけ載せればよかったですね・・・。


僕も何度か登場します。
7分2秒くらいのところで集会所で診療しているのが忽那です。
こうしてみると・・・完全にオッサンですね。
自分ではもう少し爽やかなイメージを持っていたんですが、認識を改めたいと思います。

というわけで、女川での医療支援の報告を終わりますが、機会があればまた女川に行かせていただこうかと思っています。
病院の被害状況から考えると、今後も長期的な支援が必要だと思いますし、女川の復興に少しでもお役に立てればと思います。

P1110875

« 女川の現状⑥外来診療 | トップページ | 第85回 日本感染症学会 »

ただの日記」カテゴリの記事

コメント

え~、くつな先生、、
マスクから鼻でてますけど!
これは、感染症専門医として、イマイチ~なつけ方ですね・・・。

と、かくいう私も、
鼻をだすとマスクの解放感がやわらくので、いつもそうしています。
なにか、マスクのイイ発明品ないですかねえ。

顔本の方面からもマスクの付け方の指摘がありましたので、私の方から「あれはニコルスキー現象といって、髭とマスクの摩擦によってマスクが下方へ偏位する現象です」と説明しておきましたのでご心配なく。
とりあえず、大役ご苦労様でした。

マスクって自然に下がってくるんですよねえ・・・。
おそらくヒゲとは関係ないとは思いますが。
鼻の下がいつも伸びてるせいでしょうか。
僕が普段の診療でマスクをしているのは、自分の顔を触らないためなんですが、これだと確かにあまり意味ないんですよね・・・。

しかしさすが感染症ブログですね。
背筋を正す思いです。
すっかり感染症のブログってことを忘れてました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/51434835

この記事へのトラックバック一覧です: 女川の現状⑦まとめ:

« 女川の現状⑥外来診療 | トップページ | 第85回 日本感染症学会 »

最近のトラックバック