無料ブログはココログ

« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »

2010年6月 9日 (水)

CLSIの改訂点2010と、カビの色々

今日は奈良県臨床検査微生物班の主催で栄研化学の方に「耐性菌の検出方法とM100-S20の変更点」というタイトルで講演して頂きました。いろいろと疑問に思っていたことがすっきりとしました。講師の方は相当CLSI manualを読み込んでおられるのでしょう、とても生き生きと講演されていました。

さて、先日のA.fumigatusのセロハンテープ法の顕微鏡写真のところで、グラム染色道場師範手前様に「培地上の集落の色」についてご質問を頂きましたので、下に写真を載せておきます。いかがでしょうか?
201006081

真菌ついでにもう一つ。CAPD患者の排液が検体です。

培地上の集落はこんな感じ。アプリコット色、と表現していいのでしょうか。
201006082
この検体については、こいちゃんさんにお願いしてスライドカルチャーもしてみました。
201006083
さて、何でしょうか?(私はこれが難しいのか簡単なのかも分かりません)

余談ですが、冒頭の講演のあと、地域の開業医の方から「針刺し時のHIV検査」のお話をお聞きしました。病院内で針刺しが起こったときはB型肝炎、C型肝炎、HIVを検査するのはもはや常識となりつつありますが、開業医ではまだまだそこまで認識されていないのだそうです。私も時々開業医での感染対策に思いを馳せることがありますが、針刺しについては全く考えが及びませんでした。

« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »

最近のトラックバック