無料ブログはココログ

« 2010年2月28日 - 2010年3月6日 | トップページ | 2010年6月6日 - 2010年6月12日 »

2010年6月 3日 (木)

Serratia マルセッサ~ンス

化学療法学会に来ています。

皮膚・軟部組織感染症のセッションの座長をさせていただきましたが、聖路加の横田・古川両先生のGroup G streptococcusの壊死性筋膜炎の症例は治療も診断もエレガ~ントでさすが、と思いました。高齢者の下腹部~臍にかけての壊死性筋膜炎でしたので、普通はフルニエ壊疽タイプのものを考えたくなりますが、そこはグラム染色で一発!でした。何個か前の演題は虎ノ門の荒岡先生のEnterococcusと高度GM耐性についてでした。着々とIDATEN世代が活躍していますね!

さて話題は異なりますが、最近医局でipadをもってきてるヤツがいるので参考までに
http://blog.goo.ne.jp/denmipapa/e/db52e40930d5811ab8f275a992cc797d
PDFを見てるだけじゃダメなんだ!と気づかされるコメントでした。

さて、週末奈良に帰ってからゆっくりKonemanでもみて解答を書くべか、と思ってたのですがくつな先生が二つもコメントを入れてくれたので、答えです↓。
http://gram-stain-id.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-6224.html
(すいません勝手にリンクしてます)

死者から分離される、という言葉が含蓄が深すぎてコワイです。

ちなみにくつな先生はしばしば深読みしすぎて失敗するのですが、今回もやはり深読みでした。くつな先生は頭がよく、マルチな才能を持っておられ、最近でもKansen Journalに文学的な記事を寄稿して頂いています。本当はこれ以外にもたくさんリンクしたいモノがあるんですが、本人の許可が得られたらリンクします。

ちなみに過去を掘り返していたら、こんな写真を出していたことがありました。
200609031
これは入院患者のカテーテル尿です。これもせっかくなんでくつな先生に答えてもらいましょう。今度は多少深読みしても大丈夫です。でも今までの流れも大事にして下さい。

ホテルが福砂屋本店の目の前なので、カステラでも食べて寝たいと思います。

2010年6月 2日 (水)

教科書的には要注意だけど実際あんまり見ない菌でした

大腸癌の術後、突然の発熱とともに数時間後にはショック状態。
アンピシリン・スルバクタムが数日前から投与されてはいました。
グラム陰性桿菌はやはりコワイです。
技師さんは「この菌にしてはちょっと典型的ではない」とのコメントでしたが、私は経験値がほぼゼロなので、典型的なのか非典型的なのか分かりませんでした。
いかがでしょうか?ちなみに緑膿菌ではありませんでした。
201006021

2010年5月30日 (日)

最近思うこと

大変ご無沙汰しております。
3月21日に日本に帰ってまいりました。
それから2ヶ月、あっという間でした。

最近思っていることを一つ。それは、「臨床微生物を学ぶ」ためのリソースが少ないということ。

具体的には "Manual of Clinical Microbiology" とか、"Koneman's Color Atlas and Textbook of Diagnostic Microbiology"などに相当する日本語の本がないのです。

アメリカで感染症の基礎、臨床を学んで、それまで日本で自分がやっていた「臨床感染学」が所詮UpToDateやSanford感染症ガイド、あるいはその他の書物の「上っ面」しかなぞっていなかったことに深く反省しました。

そこで、今更ながらまずは一つ一つの微生物の同定方法、毒性因子、感受性検査の方法と判定基準などを新たな気持ちで地道に学んでいきたいと思っています。

今後は「帰ってきたID CONFERENCE」と銘打って、グラム染色から一歩進んだ、あくまでも「臨床医のための」微生物検査について、このブログを通じて考えていきたいと思っていますのでご期待ください(というか、ご教授ください)。

201005281

写真は、何が考えられるでしょう?(標本提供:小泉さん thx)

« 2010年2月28日 - 2010年3月6日 | トップページ | 2010年6月6日 - 2010年6月12日 »

最近のトラックバック