無料ブログはココログ

« 教科書を電子化してみよう2 | トップページ | 2010年10月20日(水曜日)のつれづれ »

2010年10月20日 (水)

10月19日(火曜日)のつれづれ

くつな先生

私は、とっくにKonemanは裁断してますよ。CLSIマニュアルも本当は裁断したいのですが、微生物検査室の備品なので…。残念。

私のノートPCは3年前のvaio Tですが、青木先生マニュアル(420MB)くらいならとくに分割しなくても1ファイルとしてストレスフリーで読めます(全文検索は少し時間がかかる)。最近、どうせ買っても読む間がないし…と本の買い控えをしていたのですが、PDF化するようになって逆に「いつでもどこでも読める」と思って本を買う頻度が増えるという面白い現象が起きています。

さて、明日10月20日水曜日は、化学療法学会の人気恒例行事「抗菌薬適正使用生涯教育セミナー」が京王プラザであります。奈良医大からは、全体司会の三笠、「感染性心内膜炎」講演の宇野、症例呈示の小川と同司会の笠原の4名!も参加します(ということは、奈良で頑張って頂くスタッフに恐ろしい負担が…申し訳ありません)。明日、学会上でお会いする皆様、よろしくお願い申し上げます。

午前中には1時間だけ、4年生対象の講義をしました。インタラクティブにやろうとしたのですが、なかなか難しかったです。よいレクチャーには、必ず教える側と教わる側が同じ土俵に上がって同じテンション・同じマインドを共有する必要があると思うのですが、義務的な講義・初対面・臨床の経験がない・1時間という悪条件の中ではちょっと厳しいものがありました。彼らもかわいそうに、「講義=一方的に話を聞いて、プリントをもらってそれを仲間でまわして試験対策をする」というマインドになっているので、いきなりフレンドリーに対話を求めると面食らうのですね。そんな中でも、一番前で聞いていた男の子が「IDATENでいつも勉強しています」と言ってきてくれたのは嬉しかったです。今の世の中、伸びる人と伸びない人の格差がとても広がっていると思います。インターネットのメリットでもあり、デメリットでもあります。

今日は比較的落ち着いた一日でした。いまローテートしてくれている研修医は1年目も2年目もとても優秀ですし、それをスーパーバイズするレジデント達もとても優秀なので(診断の神様や、血中濃度モニタリングの達人、ワクチンマスターなどがいる)、私が出る幕があまりないのです…。

昨日の送別会の写真です。医大から近いながらも初めて使用するお店でした。
Image1

« 教科書を電子化してみよう2 | トップページ | 2010年10月20日(水曜日)のつれづれ »

ただの日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/49792232

この記事へのトラックバック一覧です: 10月19日(火曜日)のつれづれ:

« 教科書を電子化してみよう2 | トップページ | 2010年10月20日(水曜日)のつれづれ »

最近のトラックバック