無料ブログはココログ

« 2009年8月30日 - 2009年9月5日 | トップページ | 2009年9月20日 - 2009年9月26日 »

2009年9月10日 (木)

学生たち

ラボには時々学生がやってくる。一応8ドル前後の時給が払われるらしい。自分のことで精一杯の私にとっては、手伝ってもらって楽、というよりも(実際ずいぶん手伝ってもらったけど)、精神的には「相手すんの大変」なんだけど。

ところでこないだまで来てた女の子のことなんだけど、学費を自分で払うために、ガンバらないといけないの、そして今後はメディカルスクールに行きたいの、ということで20歳頃から2年間うちのラボで学校の合間に働いていた。

2年間でJCMに論文を2本だし、今年からペン大のimmunologyのラボで働くらしい。そして来年くらいにメディカルスクールの受験を考えているそうだ。

まだ22歳で、JCMに論文をだし、bacteriologyのスキルを身に付け、これからimmunologyのスキルを身に付け、「それから」メディカルスクールにいって医学生になる。日本でも今は基礎配属とかあるみたいだけど、やっぱ全然違うような気がする。自分の時は基礎配なかったから実際のところよくわかんないけど、もしこの制度が「アメリカのマネ」をしてできたものだとしたら、それは全然違うと思う。こちらでのこういった学部生の仕事には「確実にインセンティブ」がある。それはお金もそうだし、「推薦状」がらみのコネもそうだし、「本物のキャリアとして身につくか」かどうかもそう。本当に論文を出せるかどうかも大事。「3年生になったから一応基礎配で配属されました。半年間よろしくお願いします」みたいなのと全然世界が違う。

200909092_2 学生たちに言わせると(ペン大みたいな、いいとこの学生は)、夏休みはどっかのラボに行って経験を積む(そして実績をだして何らかの時にボスにいい推薦状を書いてもらう)あるいはどっかの会社のインターンをするのがあたり前なんだそうだ。

あー自分の22歳のころ、何してたっけなー。カテキョー(家庭教師)してお金稼いで遊んでたかな-。夏休みは西医体があったから、クラブ漬けだったし、夜な夜な友達の家で徹夜でストリートファイターIIをやってたなぁー(上の学生は、MACにストリートファイターを入れて夜な夜なやってるらしいが)。タイムマシーンがあるなら戻って自分のほっぺたを2往復くらいビンタして「おい目を覚ませ」っていうのになぁ...

と今日も他愛のない話でした。基礎配について事実誤認があったらすいません。今の状況をご存じの方がいらっしゃったら教えてください。

あー G のキーがはずれまくってうっとおしい!

(写真は夏の風物詩で子供たちの味方。アイスクリームカー)

2009年9月 6日 (日)

Labor day

金曜日の夜は、こちらにきて初めての「平日の飲み会」に参加させてもらいました。お相手して頂いたのは、珈琲男さんをはじめとするWharton schoolの方々と、今年デザインスクールを卒業された方、そして7月からフィラデルフィア小児病院で勤務を開始された方と多様な方々でした。
私は単科大学の卒業なので、バックグラウンドが浅くて狭い。これではいけないし、色々な分野の方とお話がしたい。感染症、感染対策をやっているとどうしても経営・経済の問題と切り離せない部分がでてくる。ペンシルバニア大学はWharton schoolが有名なので、医療と経済・経営の接点に関する話が是非聞きたい、と思っており、何とかこのような人達にお会いできないか画策していたので、ようやく念願がかないました。
それぞれご家族もご一緒され、勝手に人の家に上がり込み、気がつくともう10時30分。色々なお話をするには、私にとってはまだまだ短すぎたので、また第2回、第3回を開催したいものです。

さて、アメリカは9月5日がLabor dayになっていて、土・日・月と三連休です。土曜日は住んでいるアパートの今年最後のバーベキューがありました。ここでもこの9月からペンシルバニア大学の工学部に行かれる予定の方とお会いでき、また色々なお話をお聞きすることができました。昨日の飲み会でも「エンジニアリングにすすみたい」とおっしゃっていた方がいらっしゃったので、またつながりができればな、と思います。

明日は急遽、ニュージャージーに海釣りに連れて行ってもらうことになりました。と、同時に実験のためにこの3連休も大学に行くことにしています。来年の3月には帰国する予定なのですが、もう気分的にはかなり焦りを感じています。再来週には両親がこちらに訪れてくれる予定ですし、来年の1月にはディズニーリゾートに行く予定にしていますし、秋のIDSAはフィラデルフィアであるからその時に日本の皆さんにお会いしたいし、ユタ大学で勤務されている方の病院の見学にも行きたいし...とやりたいことを書き出すと、やっぱり時間がない!

人生のとても大事な時期にわざわざ来ているアメリカ、吸収できるものはすべて吸収して帰りたいと思っています。

アメリカ

アメリカ、福祉、金融についてのブログを読んだ
なるほどな、そういう考え方もあるのかなと思ったが、個人的には同意できない。

「弱い個体が子孫を残すことができずに死んで行くことは、我々が住む自然界の鉄則」はそうかもしれないが、この文脈だと「強い個体弱い個体=金がある人ない人」のように読めてしまう。それはないでしょう。

« 2009年8月30日 - 2009年9月5日 | トップページ | 2009年9月20日 - 2009年9月26日 »

最近のトラックバック