無料ブログはココログ

« IDSA@フィラデルフィア1日目 | トップページ | IDSA@フィラデルフィア2日目-午後 »

2009年10月30日 (金)

IDSA@フィラデルフィア2日目-午前

アメリカの学会は朝が早く、今日も7時から Meet the Professor のセッションがあります。5時過ぎに起きましたが、電車の時間を間違えて、10分ほど遅れてしまいました。

この Meet the Professor は10を超えるセッションがあっていつも迷うのですが、今日は "Case based "Non-infectious" diseases that mimics infections" のセッションに参加しました。講師は

NIHのRaphaela T. Goldbach-Mansky先生で、もともとはリウマチなどを専門とする膠原病の医師です。

出てきた疾患はほとんどが自己免疫性疾患。

FMF, MAS, NOMID, DIRA, PAPA, TRAPS, HIDS, CRMO/SAPHOなど、なんとなく聞いたことのある疾患から初耳の疾患まで症例を交えて紹介して頂きました。皆さんなんの略語か分かりますか?正解は下を参照。

 
症例はどれもあー確かにこういう患者さんいるねー、と思い当たるようなものばかりです。ただ共通するのは「抗菌薬を含め、様々な薬剤が奏功せず、亜急性・慢性の経過をたどり、多臓器にわたって病変が出現する」ということ。診断や治療には遺伝子検査やIL-1 blockerなど、一般臨床ではまだルーチンには使用できないものばかりでしたが、とても参考になりました。

FMF: Familial Mediterranean Fever
MAS: Macrophage Activation Syndrome
NOMID: Neonatal-Onset Multisystem Inflammatory Disease
DIRA: Deficiency of IL-1 Receptor Antagonist
PAPA: Pyogenic Arthritis, Pyoderma gangrenosum and Acne
TRAPS: Tumor necrosis factor Receptor Associated Periodic Syndrome
HIDS: Hyper-Immunoglobulinemia D and periodic fever Syndrome
CRMO: Chronic Recurrent Multifocal Osteomyelitis
SAPHO: Synovitis, Acne, Pustulosis, Hyperostosis, Ostelitis

は~。一生勉強ですね~。ここのPDFにこれらの疾患の多くが掲載されているようです。

« IDSA@フィラデルフィア1日目 | トップページ | IDSA@フィラデルフィア2日目-午後 »

感染症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185562/46625699

この記事へのトラックバック一覧です: IDSA@フィラデルフィア2日目-午前:

« IDSA@フィラデルフィア1日目 | トップページ | IDSA@フィラデルフィア2日目-午後 »

最近のトラックバック